3才の子にもお小遣い教育を始めた方がいい理由とは【早い方がいい】<Mさんお小遣い事情>

”お小遣い教育は早ければ早い方がいい”と言われています。子どもは、お金の価値や大切さは、お金を通して経験しないと学ぶことができないため、小さいうちから経験を積んだ方がいいからです。

お金の使い方には、失敗するときがあります。

でも、大丈夫!子どもが小さいうちなら、お金の失敗をしても取り返しがつきます。

では、お小遣い制はどうやって進めるのか?

お手伝いとともに、お小遣い制を進めている家庭を紹介します。

気になる方はぜひお読みください。

『あわせて読みたい』別記事:ーそもそも、お小遣いはいつからあげたらいいの?ー

Mさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

3才息子

1回にあげるおこづかいの額

お手伝い1回につき、1円から100円

おこづかいを与える間隔

不定期

おこづかいとお手伝いの関係性

家のお手伝いをしないと、おこづかいなし

Mさん家庭のおこづかい教育の内容

3才の息子は、まだお金というものの概念を理解していません。そのため、お仕事をしてお金を得ているということを理解してもらえるよう、お手伝いをしたら、お小遣いをあげています。

お手伝い1回につき、そのお手伝いの分量や難易度に合わせて、1円から100円のお小遣いを与えています。

お手伝いの内容は、物の持ち運び、靴磨き、洗濯干し、たたみなどを主にしています。お小遣いをもらって、貯金箱に貯めることを楽しいと感じているようです。

また、溜まったおこづかいで息子自身がほしいお菓子を買うこともして、どのように生活していくのかを合わせて教えています。

桜木きよ先生から
お小遣い教育を始めるならは、3才ごろから始めるとよいでしょう。買い物をする経験やお金の大切さを知るには、小さいころからお金に関する経験をしておくと良いです。

子どもが大きくなってから、お金の失敗をするよりも、小さいうちにお金の失敗をした方が、取り返しがつきます。ぜひ、お子さんが小さいうちからお小遣い教育を始めてみください。

(参考)-小学生のお小遣いはいつからあげればいいの?ズバリお答えします!-

桜木きよ先生 プロフィール

2019年2月4日

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

お手伝いをしたら、丸つけ方式でお小遣いをあげよう!【方法とは】<Sさんお小遣い事情>

2019年7月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です