お手伝いをしたらお小遣いをあげよう!いくらぐらいあげればいい?<Mさんお小遣い事情>

お手伝いをしたら、お小遣いがもらえると、子どものやる気がアップ!いろんなことに挑戦しようという気持ちをもちます。

では、お手伝いにつき、どれくらいお小遣いをあげればいいの?

今回は、実際にお手伝いをしたら、お小遣いをあげているMさん家庭を紹介します。

気になる方は、ぜひお読みください。

『あわせて読みたい』別記事:ーそもそも、お小遣いはいつからあげたらいいの?ー

Mさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

小学5年生 息子

1回にあげるおこづかいの額

ゴミ捨て 50円 お風呂掃除 50円  自発的に何かをした時 100円

おこづかいを与える間隔

お手伝いをした時のみ

おこづかいとお手伝いの関係性

お小遣いは定額制ではありません。 お手伝いをした時のみもらえるシステムです。

Mさん家庭のおこづかい教育の内容

小学生に上がった時に、お年玉は自己管理をするようにしました。高学年になって、お小遣いは何かお手伝いをした時に欲しいと本人が言ってきたのでそのようにしました。

何かを自発的にお手伝いをした時には100円もらえるので、かなり高額にはなります。 また、お風呂掃除は1回につき50円なので、毎日お風呂掃除をすると、1ヶ月30日として1,500円です。

実際は、習い事などがあり毎日は無理ですが、お手伝いができる時は喜んでしています。

ゴミ捨ては、週に生ゴミ2回、プラごみ1回、びんカン1回ですから、全て捨てると週に200円です。

学校に行く時にゴミステーションに捨てて行ってくれるのですが、たまに捨て忘れて手にゴミを持ったままゴミステーションを過ぎていく姿を何度か見て笑ってしまいました。

走って戻ってきてゴミを捨てていますが、仕事のミスを自分でフォローすることを覚えているようです。

自発的に何かをするというのは、洗面所の掃除や玄関の掃除をしていました。作業的に時間も力も必要なので、倍額になっています。

欲しいものがあると、仕事をたくさんすれば自分のお小遣いで買えるので、計算しながら計画的にお金を稼いで使えるようになりました。

ただ、貰ったら貰っただけ使ってしまうので、今後はお小遣い帳をつけることを教えるつもりです。

桜木きよ先生から
今後、お小遣い帳をつけられるということで、お小遣いの管理は大切ですね。ぜひ、お子さんにお金の管理に取り組ませてください。

(参考)-お小遣い管理は、4つの空きビンがあれば完ぺき!?<子どもも旦那も>-

桜木きよ先生 プロフィール

2019年2月4日

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

子供のお小遣いの使い道に口出しはNG!<実際の家庭事情から説明><Aさん家庭お小遣い事情>

2019年6月19日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です