お手伝いをするとお小遣いをもらえる方法は子供に良くない?<Tさんお小遣い事情>

家族の一員としてお手伝いをするのは当然だった昔。お手伝いをすると、お小遣いがもらえる方法では、子どもはお金目的だけで動くようになってしまうのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。

今回は、お手伝いのお小遣いと固定額のお小遣いをかけ合わせているTさんお小遣い事情を紹介します。

気になる方は、ぜひお読みください。

『あわせて読みたい』別記事:ーそもそも、お小遣いはいつからあげたらいいの?ー

Tさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

高3息子 中3娘

1回にあげるおこづかいの額

1万円 5千円

おこづかいを与える間隔

月1回

おこづかいとお手伝いの関係性

お小遣いとお手伝いは別もので、お手伝いした分は別にあげる

Tさん家庭のおこづかい教育の内容

子供がまだ幼稚園の頃は、お手伝いをしたらいくらかお小遣いをあげてました。学年があがるにつれて、お手伝いだけのお小遣いでは、子どもには足りなくなってきたようで、月一で固定金額をあげるようにしました。

それでも、固定金額のお小遣いが足りない場合は、ごみ捨てから、皿洗い、洗濯物干し、洗濯物たたみなど、家事を手伝ってもらうようにしました。

子供は、小さい時からお手伝いをするのが大好きだったので、大きくなっても、お手伝いを嫌がることはなかったです。また、家が母子家庭なので、夏休みとか学校の休みの日は、みんな協力して家事をしていました。

お手伝いを頑張ってしてくれたときは、お小遣いをちょっと多めにしてました。そのおかげかどうかは分かりませんが、お金の大切さを学び、お金を大事にして貯めることをおぼえました。

そして、目標金額がたまると、おじいちゃんやおばあちゃんの誕生日、友達の誕生日会のプレゼント代に使ってました。そして、お小遣いがまたなくなると、外で働いているかのように、家のお手伝いをして、お金を貯めてました。

母親の私が子供の頃は、お手伝いはあまりしませんでした。自分の子には当たり前のようにお手伝いをしてもらってて、お小遣いってなんなんだろ?っと考えることもありました。

よそはよそってよく言われていましたが、やはり時代とともに何もかも変わってて、お小遣いはもはや今や給料制みたいになってました。

桜木きよ先生から
おじいちゃんやおばあちゃん、周りの友達への誕生日プレゼントにお小遣いを使っていて、とても素晴らしいですね。

子どもの学年が上がっても、お小遣いで、親子のコミュニケーションが増えていくでしょう。

桜木きよ先生 プロフィール

2019年2月4日

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

子供にお手伝いシールは有効?実際の家庭の様子を紹介します。<Aさんお小遣い事情>

2019年6月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です