お手伝いの報酬とお小遣いを組み合わせれば、子どもが積極的になる!<Rさんお小遣い事情>

お手伝いの報酬とお小遣いを合わせれば、子どもはいろんなことに積極的になります。イメージとしては、毎月定額のお小遣いに、お手伝いをした分だけ報酬がもらえるといった感じです。

では、どのようにお手伝いの報酬とお小遣いを合わせるのか?

今回は、お手伝いの報酬とお小遣いの2つを合わせたRさん家庭を紹介します。

子どものお小遣い制について気になる方は、ぜひお読みください。

『あわせて読みたい』別記事:ーそもそも、お小遣いはいつからあげたらいいの?ー

Rさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

小学校1年生 女の子

幼稚園年中組 男の子

1回にあげるおこづかいの額

100円程度

おこづかいを与える間隔

月1回または不定期になるときもある

おこづかいとお手伝いの関係性

お手伝いをしなくても、お小遣いは関係なし

Rさん家庭のおこづかい教育の内容

小学校1年生の女の子と、幼稚園年中組の男の子がいます。 一回にあげるお小遣いの額を、とりあえずこんな感じかなと決めました。

上の子は100円程度、手伝い1回につきプラス10円程度にしました。下の子はまだ小さいので、お小遣いは今の所考えていません。

お小遣いを与える間隔も考えていて、月1のように決めて習慣をつけるのもいいと思いますが、うちは違う方式にしています。

我が家は、だいたい一カ月に一回お小遣いをあげると決めていますが、子どもには、お小遣いが欲しい時期もあると思うので、その辺りは臨機応変に渡したりしています。

下の子も同時に欲しがってくるので、その都度同じ金額ではないですが、お小遣いを渡したことがあります。

そのため、結局、うちの家庭は不定期だと思います。お小遣いとお手伝いの関係性ですが、特に家のお手伝いをしなくても、お小遣いには関係ありません。

うちは、お小遣いを子どもにあげることを大前提としてスタートしています。お手伝いを頑張れば、定額のお小遣い以上もらえるシステムを作り、お手伝いをしていなくても罰などは課さずに、ネガティブな感情を引き起こさないように心がけています

また、子供がお手伝いをたくさんしてお小遣いをもらいすぎないように、お小遣いがアップする上限を決めています。

お小遣いは定額制ですが、お手伝いをすることによってお小遣いがアップする方式により、子どもが積極的に物事に取り組めるようになったと思います。

桜木きよ先生から
定額のお小遣いだけでなく、お手伝いの報酬も合わせてお子さんにお小遣いをあげているのですね。

罰を受けるよりも、頑張れば頑張った分だけご褒美をもらえた方が、子どもはいろんなことに積極的になれることが多いです。また、お小遣い制が安定してきたら、お子さんにお金の管理をさせてみることをおすすめします。

子どもが自分でお金を管理できる方法はこちら。

-お小遣い管理は、4つの空きビンがあれば完ぺき!?<子どもも旦那も>-

桜木きよ先生 プロフィール

2019年2月4日

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

子供にレジでの支払い体験をさせる意味とは【迷惑にならないように】<Aさんお小遣い事情>

2019年6月16日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です