【お小遣いの交渉】子供が値上げ交渉をしてきたらどうする?<Sさん家庭お小遣い事情>

お小遣いをあげていて、お子さんがお小遣いの値上げを交渉してきたらどうしますか?

言われるがままに、お小遣いをあげていても、子どものためにはなりません。子どもにどうしてお金がいるのか、必要な物なのか欲しいものなのかを考えさせる必要があります。

では、どのように子どもに考えさせるのか?

今回は、子どものお小遣いの値上げ交渉に反論したSさん家庭の様子を紹介します。

お子さんのお小遣いの交渉にお困りの方は、ぜひお読みください。

『あわせて読みたい』別記事:ーそもそも、お小遣いはいつからあげたらいいの?ー

Sさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

9歳娘

1回にあげるおこづかいの額

400円

おこづかいを与える間隔

月1回

おこづかいとお手伝いの関係性

お小遣いは定額制、お手伝いの有無は関係なし

Sさん家庭のおこづかい教育の内容

子どもの小学校入学と同時に、子どもへお小遣いを与え始めました。毎月、1年生なら100円、2年生なら200円、という具合に学年×100円です。子どもがお小遣いを何に使うかは、親は一切口出しをしません。

駄菓子やコインゲームで浪費することもしばしばですが、本人が納得すればよしとしています。そのかわり、子どもは欲しいものがあっても、親へのおねだりは許しません。

親として、子どもに限られた額のお小遣いをいかに有効に使うか、どのようにやり繰りするかを考えさせたいと思っています。

また、欲しいものと必要なものを区別し、優先順位を考えることも勉強だと考えています。 子どもが、お小遣いの値上げを交渉してきたことがあったので、「それなら予算書を作成して提出せよ」といいました。

ただ、子どもは予算書を作ったものの、実際には書いたとおりにお金のやりくりが実行できておらず、相変わらず浪費しているので値上げは実現していません。

子どもは、お小遣いの額をあげようと、「お友だちはいくらもらっている」、「あの子の家ではお手伝いをすれば◯円もらえる」などと、あの手この手で交渉をしてきますが、「うちはうち、よそはよそ」と姿勢を崩さずにおります。

お手伝いについては、幼稚園の頃から少しずつできることを増やそうとしてきました。しかし、お手伝いは、ママ(私)のためではなく将来の自分のためなのだからと子どもに伝えて、お小遣いに結びつけることはしないようにしています。

桜木きよ先生から
まさにお子さんがお金のやりくりに奮闘中!親御さんも絶賛応援中といった様子ですね。お小遣い額の値上げについても、家庭の方針を曲げずに、親として厳しくしている面もあります。

しかし、子どもも負けず、あの手この手と値上げ交渉に挑み、めげずに頑張っている様子ですね。子どもにとってこの経験は、将来、社会に出た時の交渉の場面で役立ちそうですね。

Sさん家庭で意識されている、お金の使い道を必要なものと欲しいものに分けて考えることは、金融教育にとってとても大切なことです。お金を管理する上で、大切なことなので、小さいうちから習慣化していきましょう。

お金を管理するポイントはこちら。

‐お小遣い管理は、4つの空きビンがあれば完ぺき!?<子どもも旦那も>‐

桜木きよ先生 プロフィール

2019年2月4日

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

【現代】子供にお小遣いは必要?お小遣いがいらない子供の様子とは<Tさんお小遣い事情>

2019年6月14日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です