お手伝いをすると、お小遣いをもらえる子どもに身につくものとは<MAさんお小遣い事情>

子どもがお手伝いをしてお小遣いをもらうようになると、子どもは100円の価値の重さを知ることができます。

では、どうやってお小遣いをあげると、お金の価値の重さを知ることができるのか。

今回は、クレーンゲームが大好きで、お手伝いをするたびにお小遣いがもらえるMAさん家庭のお小遣い事情を紹介します。

気になる方は、ぜひお読みください。

『あわせて読みたい』別記事:ーそもそも、お小遣いはいつからあげたらいいの?ー

MAさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

8歳息子

1回にあげるおこづかいの額

お手伝い内容によって金額決定

おこづかいを与える間隔

お手伝いしたら渡す

おこづかいとお手伝いの関係性

家のお手伝いをしないとお小遣いなし

MAさん家庭のおこづかい教育の内容

我が家には8歳の息子がおり、動画サイトでゲームセンターのUFOキャッチャーの動画を見ることが好きです。

100円のお金を稼ぐことがどれほどの時間を費やすかということを理解して欲しくて、お小遣いをお手伝いの歩合制にしました。

始め、子どもはお小遣いのためにお手伝いをしている様子でしたが、日に日にお手伝いをするのが当たり前な感覚になっているようです。

今では「パパママ、いつもお仕事頑張ってくれてありがとう」と言ってくれるようになりました。

桜木きよ先生から
お小遣いをきっかけに、子どものお手伝いがスタートしたのですね。

100円の価値の重みや家族への感謝の気持ちが芽生えていますね。

桜木きよ先生 プロフィール

2019年2月4日

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

【お小遣い事情】子供にお小遣いをあげたきっかけと成果を説明します<MRさんお小遣い事情>

2019年6月9日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です