お小遣いを完全報酬制にしてみた結果!<子供の学習意欲が爆上がり><Iさん家庭>

お小遣いと家庭の学習をかけ合わせると、家庭での子どもの学習意欲がグングン高まります。

では、どうやって学習意欲を高めるのでしょうか。

今回は、お小遣いと通信教材「チャレンジ」を使って、子どもの学習意欲を高めたIさんご家庭のお小遣い事情を紹介します。

お小遣いを完全報酬制にしようか迷っている方は、ぜひお読みください。

『あわせて読みたい』別記事:ーそもそも、お小遣いはいつからあげたらいいの?ー

Iさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

7歳男 小2

1回にあげるおこづかいの額とお小遣いの間隔

漢字小テスト10点満点につき10円(毎週1回)

各教科の100点満点のテスト100点満点につき100円(頻度:2週間に1回程度複数教科)

チャレンジ1年生課題提出時500円(毎月1回)

おこづかいとお手伝いの関係性

テストの報酬制の為、お手伝いの有無は関係なし

Iさん家庭のおこづかい教育の内容

我が家は、勉強の頑張りに応じた完全報酬制です。

お小遣いを与える機会としては、大きく下の3つ。

●週1回の漢字の小テスト(10点満点):満点獲得につき10円/回

●月2、3回の100点満点のテスト(国語や算数でA3カラー印刷の):満点獲得につき100円/回

●月1回のチャレンジ●年生課題提出:課題提出1回につき500円/回

パッと見ると「満点じゃないともらえない?ノルマきつすぎ?」と思うかもしれません。

しかし、通信教材チャレンジの提出は、点数の有無に関わらず500円/回なので、 きちんと学習し、提出さえしていれば500円は担保されるシステムにしています。

なぜ、この制度にしたかというと・・・ 今の世の中では、何かを手にするにはお金が必要。お金を手にするためには、必要な事を学んで、成果を出すことが必要。決してお金は沸いてこない。

頑張った分だけの成果を出している自分を一番好きになってほしい。そんな親の思いで、この制度を小1から始めました。

うまい棒やフーセンガムが1個10円、息子が好きなプロ野球チップスが100円なので、 漢字の小テスト(10点満点で10円)や国語/算数の100点満点テスト(満点で100円)には熱心に取り組んでいます。

なにより、満点をとって、嬉しそうにお金を握りしめて、欲しかったものを買ってくる息子の姿にしみじみ感動してしまいます。

チャレンジを提出することで与えている500円は、ちょうど漫画が買える値段(私ならそれに使いたい笑)なんですが、息子は友達と遊ぶときにジュースや飲み物を買うためにちびちび使っているようです。

すぐにパーッと使うとなくなるので、少しずつ使う。息子は、そんなことをもう覚えたようです。小1から1年ちょっと、この制度を通して、子どもは学習能力が高いなあと思ったことがあります。

それは、500円獲得のためにチャレンジで学習することが、実は漢字の小テストや国語や算数のテストで100点を取ることにつながっているということに、息子も気が付きだしたんですね。

更に、思ってもいなかった効果がありました。どうやら漢字に興味をもったらしく、学校の図書館で漢字の本(各学年ごとに学ぶ漢字がまとめられている本)を借りてきていました。

今小2ですが、すでに小6の漢字を書いて覚えようとしています。実際に、小4くらいのレベルであれば、読み書きができるようになっており、漢検を紹介すると、やってみたい!などとやる気満々。

息子の様子を見ていて、好きって凄いことなんだなーと考えさせられます。

始めは、人は、社会に出て、お金を手にするためには、必要な事を学んで、成果を出すが必要ということを学ばせるつもりで、この制度を始めましたが、同時に好きなことを追求することのすばらしさを教えられました。

桜木きよ先生から
お小遣いがきっかけに子どもは学習をする楽しみを知ることができたようですね。通信教材を長続きさせている息子さんは素晴らしいと思います。

最近は、学校の宿題で手一杯だったり、習い事で忙しかったりと、家での補習の学習を根強く続ける子は少ないです。チャレンジとお小遣いをかけ合わせた有効な例ですね。他のご家庭でも実践できるところがあるのではないでしょうか。

桜木きよ先生 プロフィール

2019年2月4日

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

親子のコミュニケーションのきっかけを作るならお金の話がおすすめ!<Nさん家庭>

2019年6月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です