お手伝いの後にお小遣いは渡さない方がいい理由とは<勤労観を育む><Pさん家庭>

子どもがお手伝いをした後に、「○○したから10円ちょうだい!」と、いつもお小遣いを迫られていたら、親は大変!

お手伝いの後のお小遣いはなしにした方がよいのでしょうか?

今回は、お手伝いの後に、お小遣いをあげないようにしているPさん家庭を紹介します。

子どものお手伝いについてお悩みの方は、ぜひお読みください。

『あわせて読みたい』別記事:ーそもそも、お小遣いはいつからあげたらいいの?ー

Pさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

小1息子

1回にあげるおこづかいの額

500円

おこづかいを与える間隔

月1回

おこづかいとお手伝いの関係性

おこづかいは定額制で、お手伝いの有無は関係なし

Pさん家庭のおこづかい教育の内容

我が家の子どもにあげるお小遣いは、月1回の定額制です。まだ小学校入学したばかりなので、相場がわかりませんが我が家は500円です。

お小遣いの約束として、3点だけ決まりを作りました。

我が家のお小遣いルール
  • お金を使ったら、必ずおこづかい帳をつける事。
  • 月初めに子供がお小遣いをもらいに来る事。(その際、お小遣い帳のチェック)
  • 臨時収入は祖父母からのお小遣いやお年玉の3割(残りは子供貯金)

息子が入学する前は、お手伝いをしたらその都度、お小遣いをあげようと考えていました。

しかし、大人はお仕事をしてお給料を貰うと考えた時、子どもにとってのお仕事は学校に毎日行く事であって、お母さんのお手伝いではないのでは…?と考えるようになりました。

もちろんお手伝いをしてくれたら、ありがとうと感謝の言葉を伝えます。お礼にお菓子をあげることもありますが、お小遣いは渡しません。

また、お小遣いが貰えるからお手伝いをしようと考えるようになってしまったら、報酬がないと何もしなくなってしまうのでは…と考えたからです。

なので、我が家では、毎日会社で働いてお給料をもらう大人のように、毎日学校で勉強した分をお小遣いとしてあげようと決めました。500円という額は、お菓子を買ったり欲しい文具を買ったらすぐになくなってしまう金額です。

その少しの金額で1年生の間は金銭感覚を身に付けてもらおうと思っています。 毎日のおやつは親が購入していますが、プラスαで自分で食べたいお菓子やお友達と遊んだ時に買うお菓子はおこずかいからです。

また、お小遣い500円ではゲームが買えない、どのくらい貯めたら買えるのか?子供が学校で必要な鉛筆やノート、バッグや帽子(これらはしばらく親が購入します)を買うにはどのくらいお金が必要なのか?など、いろんな物の値段を知って、いずれかは自分で購入決断できるようになってもらいたいです。

その時にはお小遣いの額もアップしたいと考えています。 この春入学して、初めてお小遣いをもらった時はとっても嬉しそうでした。

あまり物欲のない息子ですが、貰ったばかりのお小遣いをどうしても使いたくて…コンビニでお水を買ってきました(笑)

母としては、そんな家にもあるものにお金を使って勿体ない、コンビニじゃなくてスーパーだったらもっと安かったのに…といろんな思う事はありましたが、これも勉強だと思っていろんな事を経験して、学校の勉強と同じくらいお金の事も学んでもらいたいです。

桜木きよ先生から
お子さんが、コンビニで水を買う姿が伝わってきてほっこりしますね。親御さんの方針がはっきりと伝わってきて、お子さんがまっすぐ伸びていきそうです。

子どもは毎日、学校で新しいことを学びます。いつも初心者。お金の使い方も初めてのことばかりなので、あれこれ親が口出しをせずに、失敗も経験と温かく見守ってあげるのが一番です。

(別記事)小学生の正しいお小遣いの使い道は親が教えるべきではない。なぜ?

桜木きよ先生 プロフィール

2019年2月4日

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

お小遣いはお年玉で管理するべき?!子どものお金の管理能力を育てる<Aさん家庭>

2019年5月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です