【お手伝いとお小遣いの一覧公開】小1で味噌汁が作れるようになった<Tさん家庭>

お手伝いとお小遣いを組み合わせるときは、一覧にまとめると、親にも子にも分かりやすくなります。お手伝いを進んでやる子に育てば、小1でお味噌汁まで作れるようになっちゃうんです。

今回は、4才からお手伝いをしたら、お小遣いをあげているTさん家庭のお小遣い事情を紹介します。

気になる方は、ぜひお読みください。

『あわせて読みたい』別記事:ーそもそも、お小遣いはいつからあげたらいいの?ー

Tさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

小1 女子

1歳 男子

1回にあげるおこづかいの額

10円、50円などお手伝いの内容による

おこづかいを与える間隔

お手伝いをする度にあげる

おこづかいとお手伝いの関係性

家のお手伝いをしないと、お小遣いはなし

Tさん家庭のおこづかい教育の内容

子どものお小遣いは、4歳の頃に「お風呂の栓を抜くと1円」から始まりました。今は小1になり、お風呂洗い10円、犬の世話10円、散歩50円、下の子のお着替えを手伝う10円、お味噌作り100円、ご飯のテーブル準備10円、トイレ掃除50円など、お手伝い表に一覧にしています。

子どもがお手伝いをしたら、その場でお小遣いをあげて、子どもの財布にしまわせています。子どもが疲れていたら、お手伝いをやらなくても怒ることはありませんが、おやつを棚から出すなど、自分のことは自分でやらしています。

たまに値段交渉もしてきます。小1になって、お風呂掃除を任せられるようになったのと、お味噌汁作りは全てできるようになったので値段を上げました。ちなみに、娘自身のことを自分でやっても、お小遣いは与えていません。

桜木きよ先生から
小1から味噌汁作りができるなんて素晴らしいですね。積極的にお手伝いができる子のようですね。きっとお小遣いを楽しく貯めることができているのでしょう。

Tさん家庭の「お手伝いによるお小遣いの一覧」は参考になります。ぜひ、ご家庭でも試してみてください。

桜木きよ先生 プロフィール

2019年2月4日

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

【子供の金銭感覚が身につく】10万円現金を自分で管理する子とは<Uさん家庭>

2019年5月26日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です