お小遣いとお手伝いをかけ合わせたら、子どものやる気UP!<Rさん家庭>

子どものお小遣いとお手伝いをかけ合わせると、子どもが進んでお手伝いをして、お金の管理をすることもできるようになります。

では、どうやってお小遣いをあげるのか?

今回は、風呂洗いやごみ出しを子どもがしたらお小遣いをあげているRさん家庭のお小遣い事情を紹介します。

子どもにお手伝いをさせようかなと思う方は、ぜひお読みください。

『あわせて読みたい』別記事:ーそもそも、お小遣いはいつからあげたらいいの?ー

Rさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

小学校3年生娘

1回にあげるおこづかいの額

お手伝い1回につき30円

おこづかいを与える間隔

お手伝いによる

おこづかいとお手伝いの関係性

お小遣いとお手伝いの関係性あり

Rさん家庭のおこづかい教育の内容

はじめまして。 現在、小学3年の女子の子育て中です。 小遣いは2年生からスタートしております。 お手伝いをするごとに1回30円をあげています。

お小遣いの渡し方の様子は、子供から手伝いを申告してもらい、その手伝いのできばえを、親がチェックした上で合格であれば、お小遣いを支払うルールになっています。

子供のお手伝いの内容ですが、

  • 浴室の掃除
  • ごみをまとめて出す
  • 庭の草むしり

を主にお願いしています。

桜木きよ先生から
ご家庭で、お手伝いとおこづかいのシステム作りがされていますね。子どもは、お小遣いを楽しく貯めることができるし、お手伝いもはりきってすることができます。

お小遣いとお手伝いをかけ合わせている家庭は結構多いので、ぜひ試してみてください。

桜木きよ先生 プロフィール

2019年2月4日

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

小1のお小遣いはいくらにする?<ママ友に聞いても分からない><Mさん家庭>

2019年5月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です