<理想>子供がお小遣いを自分で管理するならこの方法!子供も大満足<Mさん家庭>

子どもが自分でお金を管理することができれば、将来お金のやりくりをするのに、とても役に立ちます。お小遣いを管理する習慣が身につけば、大人になったときにも、お金を浪費することがなくなるのです。

では、どうやって子どもに自分でお金の管理をさせるのか?

今回は、子どもが自分でお小遣いを管理しているMさん家庭を紹介します。

お小遣いを子どもに自分で管理させたいと思う方は、ぜひお読みください。

『あわせて読みたい』別記事:ーそもそも、お小遣いはいつからあげたらいいの?ー

Mさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

中2女、小6女、小4男、年中男

1回にあげるおこづかいの額

中2 約26000円

小6 約20000円

小4 約17000円

年中 50円〜100円

おこづかいを与える間隔

月1回(一番下の年中の子だけは不定期)

おこづかいとお手伝いの関係性

おこづかいは定額制で、お手伝いの有無は関係なし

Mさん家庭のおこづかい教育の内容

我が家のお小遣いは、子ども自身に1か月どのくらいのお金がかかっているのか把握してもらうため、学用品や服としてかかるお金プラスお小遣いを、子どもたちにまとめて渡して、お金の管理をさせています

現在、1人当たり1万7千円〜2万6千円となっています。 決まりごとは以下のようになっています。 学校費、給食費、習い事の費用、学用品、衣服等、ほぼすべての費用を管理し、自分でまかなうこと。

子どもたちは、口座引き落としが今月はいくらかなど、学校からのお便りを真剣に見て、引き落とし前に親に渡してきます。夏休みなどの学校費がかからない時は、丸々本人の貯金にできることになっているので、それが楽しみで頑張っているところもあるかもしれません。

習い事の集金も、それぞれのタイミングで自分で集金袋に入れて提出しています。 これのお陰で、「毎月集金袋にお金を入れる時、習い事を続ける必要があるかな?」と考えるようになったと、長女は言います。

長男はわりと高価なプログラミングキットの購入をしていますが、すべてこの中から自分で出しています。 お小遣いが欲しい人は毎月10日までに、お小遣い帳を締めて両親どちらかに提出すること。お金を管理できているかをお小遣い帳で確認します。

誤差1割以内なら、50円アップする決まりです。 誤差が開きすぎると、ダウンもあります。 みんなそれぞれ、目的に応じてお金を管理し貯金すること。

自分のために使う大きな出費に備えて、子どもはそれぞれ銀行口座で貯金を管理しています。

まとまった現金が必要になれば、親に相談の上、一緒に銀行の窓口まで行きます。 上の2人の子どもは、もっぱら携帯購入に向けて貯金中です。

携帯購入はできたとしても、携帯を契約した後の使用料の支払いのことも考えないといけないよ、とアドバイスしています。 誕生日プレゼントも金額設定してあるので、それを超える分は、自分で出しています。

厳しいかな…と思うこともありますが、子どもは「誰かが特別扱いされていたら許せないけど、平等だからいい」と言っています。 お金の使い方については、他人は口出ししないこと。すべて自分でお金を管理するようにしています。

親子間、兄弟間(もちろん友達も)のお金の貸し借りはダメ。 こんなことろです。 このシステムは子どもがそれぞれ小学3年生になった時から始めています。

家計のお金も公開していますし、家族で食べる食費や家族で使う日用品にかかったお金は、別に請求してもいいことになっています。 いろいろ細かいですが、これを始めてから私自身も家計の管理が楽になりました。

親も子どもも同じシステムにのって、お金をどう使うか、何に使うかをこれからも一緒に考えていきたいと思っています。

桜木きよ先生から
まさに一つの理想のモデルになるようなお小遣い教育がされていますね。子どもが自分たちでお金を管理している様子がよく分かります。

もしお年玉などの眠っているお金があれば、最近は、子どもでも投資用の口座を開くことができるので、投資にもチャレンジしてみてください。

桜木きよ先生 プロフィール

2019年2月4日

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

子供にお小遣いをあげて、お金のトレーニングをしてみましょう!<Mさん家庭>

2019年5月21日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です