子供にお小遣いをあげて、お金のトレーニングをしてみましょう!<Mさん家庭>

お金に興味がない子どもに、月一などの定期的なお小遣いをあげると無駄遣いをしないようになります。

今回は、お金に興味がない中学生のお子さんをもつMさん家庭を紹介します。

お金にあまり執着をもたないお子さんをもつ方は、ぜひお読みください。

『あわせて読みたい』別記事:ーそもそも、お小遣いはいつからあげたらいいの?ー

Mさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

中学1年 娘

1回にあげるおこづかいの額

1000円

おこづかいを与える間隔

不定期

おこづかいとお手伝いの関係性

なし

Mさん家庭のおこづかい教育の内容

子供がお友達と遊びに行く時に、お小遣いを渡しています。 あとは、子供が欲しいものがある時にお金を渡しています。お小遣いはその時に応じてです。うちの子は、お金には執着はあまりないようです。

ただ、お金が余ると、貯めるという考えがないのか使って切ってしまいます。昨日も、娘から「お金が余ったから麦茶をママに買ってきたよ〜」と嬉しそうに言われました。

娘の親を思っての行動だったので、何も言い返せなかったのですが、私は、「冷蔵庫にあるのにもったいない」と思ってしまいました。

桜木きよ先生から
お金に執着しないお子さんにこそ、お小遣い教育を始めてみてはいかかでしょうか?

始めはお子さんも戸惑うと思いますが、お金が貯まると無駄遣いをしないようにしようと、お子さんが自分で考えるようになりますよ。ぜひお小遣いを始めてみてください。毎月決まった額をあげるだけで、お金のトレーニングができます。

桜木きよ先生 プロフィール

2019年2月4日

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

小1のお小遣いはいくらにする?<ママ友に聞いても分からない><Mさん家庭>

2019年5月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です