<お小遣いの実例紹介>お手伝いでもらえる学年ごとの料金表公開!<Kさん家庭>

実践にもとづくお小遣いの料金表を大公開!お手伝いをしたら、いくらまでもらえるのか?

今回は、お手伝いをしたらもらえるお小遣いは「○○円」までと、上限を決めたKさん家庭を紹介します。

気になる方は、ぜひお読みください。

『あわせて読みたい』別記事:ーそもそも、お小遣いはいつからあげたらいいの?ー

Kさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

5才女

1回にあげるおこづかいの額

1回100円 お手伝い内容によっては最高500円

おこづかいを与える間隔

不定期1回100円、5回まで

おこづかいとお手伝いの関係性

お手伝いとお小遣いの関係性は大いにある。おこづかいは最低1回ごとに100円、最高5回まで500円をあげています。

Kさん家庭のおこづかい教育の内容

子供のお小遣いは、相場に従ってあげることにしているのです。やはり女の子なので、学校では教えてくれないことは、家庭でしっかりとしつけをするというのが、私たち家庭のきまりです。

ママのお手伝いをすることで、1回のお駄賃として100円をあげています。最高で500円のお駄賃をあげてますので、毎回「お金は大切に使いなさいね」と言って聞かせてます。

私は娘に貯金箱をプレゼントしたことがあるんですが、その中のお金は使わずに、娘はお手伝いをして貯金をしているそうです。

でも、娘にちょっとした怠けが入り、ママが大変な思いをしているのに、手伝うことがないと最高のお小遣いも50円ずつ減っていきます。

今では、料理も掃除、洗濯など家事全般を手伝うようになりました。お手伝いをたくさんすると、親は子供のしつけも同様にできることから、お手伝いとお小遣い制をおすすめしたいです。

子供に普通にお小遣いをあげることもいいかと思いますが、お金の大切さを知ってもらいたいので、私たちが家族で話し合って、編み出した方法となってます。

あげたお駄賃は、きちんとメモに残しているので、いくら渡したのかは分からなくなることはないです。学年が上がるごとに、お小遣いもあがります。

最後に、参考になるようお小遣いの額を表にしておきます。

我が家のお小遣い表

小1:500円 小2:1000円 小3:1500円

小4:2000円 小5:2500円 小6:3000円

中1:3500円 中2:4000円 中3:4500円

高1:5000円 アルバイト代にプラスしてあげる金額

高2:5500円        〃

高3:6000円        〃


桜木きよ先生から
学年ごとにお小遣いが上がっていますね。高学年になるにつれて、ゲームやファッショングッズなど欲しいものの値段があがっていきます。

始めに、表にしておくと分かりやすいですね。もし、お小遣いが足りない場合などは、親子で話し合えるように、お小遣い会議を開いてみるのもよいと思います。

子どものおこづかいの与え方に迷ったら、おこづかい会議を開こう

2019年2月28日

桜木きよ先生 プロフィール

2019年2月4日

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

フリマとお小遣い制を利用すれば一石二鳥!子どもが断捨離できる方法<Mさん家庭>

2019年5月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です