お小遣いは子供のためになる?お小遣いをあげる家庭の考えとは?<Gさん家庭>

お小遣いをあげる家庭の子どもは、お金の使い方を学んだり、貯金する考えを身につける力が伸びたりします。

今回は、ご家庭の方針をはっきりと明確にされて、お小遣いをあげるGさん家庭を紹介します。

お小遣いについて考えのある方は、ぜひお読みください。

Gさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

中学生

1回にあげるおこづかいの額

500円

おこづかいを与える間隔

月1

おこづかいとお手伝いの関係性

1回につき、10円など。

Gさん家庭のおこづかい教育の内容

子供のお小遣いについて。

まだ、子供がお金に興味をしめさない低学年の頃はお小遣いは必要ないと思います。

子供が中学年くらいになり、自分の事が出来るようになってから、その家庭でお小遣いの決まりをつけてしたら良いと思います。

私の家庭は、ちゃんと親子で会話して、決まりをつけてからお小遣いを決めました。中学年になってから1か月500円と決めて、お手伝いしたら10円とかにしました。

ただ、お小遣いをただあげるだけでは、子供が成長しないと思いましたので。高学年まで500円でした。欲しい物があれば、お小遣いを貯めて自分が買えるまで我慢する事も覚えますので、良かったと思います。

それに、お手伝いもして、お金をどう増やしていくのかも学びますので、各家庭での考えがあると思いますが、あまり小さい時から何でも与えていいとは思いません。

小さい時は、買い物も1人で行きませんから、ルールとかマナーとかは母親と父親が決めてあげないといけないと思います。

泣けば何でも貰えるとか、何でも買って貰えるとかは小さい時にちゃんと教えないと駄目だと思います。押し付けも良くないと思います。子供はちゃんとみているのですから。

お金の使い方とかも少しずつ学んでいくと思いますので、ある程度の年齢になってから子供に教えるのが良いと思います。

桜木きよ先生から
ご家庭で、お小遣いについての方針をもっていて素晴らしいです。子どものためになることは何かしっかりと考えられていますね。

親子で会話をされて、お小遣いについて決まりを作っているところも大変素敵だと思います。

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

お小遣いで金銭感覚を育てるなら絶対コレ!<主婦並みの金銭感覚><Rさん家庭>

2019年4月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です