<簡単>仮想通貨の仕組みを簡単に説明します!<子どもでも分かる>

何かと話題の仮想通貨。ニュースでもよく耳にしますね。今後、仮想通貨の仕組みがしっかりと確立して、さらに簡単に便利になると、仮想通貨は世の中に多く普及すると予想されます。近い将来に、多くの人が仮想通貨を持つようになるかもしれません。

仮想通貨を持つことには、いろんな心配もあります。悪用されない?お金のデータを不正に使う人がいるんじゃない?

仮想通貨がどんな仕組みなのか、簡単に知っておいた方が良いでしょう。

仮想通貨はどんな仕組みなのか?

仮想通貨がどんな仕組みなのかを簡単に言うと、「データをコピーできない技術」と「みんなで不正がないか見守る(ブロックチェーン)」によってできています。

では、どうやって不正ができないようにしているか。簡単に説明すると、

ブロックチェーンは、誰かが不正をしても、すぐにバレるように、世界のみんなで見守るという形をとっています。

具体的には、人が、お金をあげたりもらったりしたやりとりは、インターネット上にすべて記録されて、世界中の人に公開されるようになっています。

もし、誰かが不正にデータを変えたとしても、世界には公開されたお金のやり取りをチェックをする人が多くいるので、すぐにバレてしまいます。

仮想通貨が値上がりしたり、値下がりする仕組みは?

仮想通貨は、価格の上がり下がりの変わり方が大きいです。仮想通貨を持っていると、値上がりをして得をしたり、反対に、値下がりをして損をすることがあります。

仮想通貨の価格が変わる理由は、簡単にいうと、仮想通貨を欲しい人がたくさんいるかどうかで、価格が変わるからです。

仮想通貨は、インターネット上のお金なので、インターネットでお金をやり取りするにはとても便利です。

さらには、インターネット上のお金なので、円をドルに変えたり、ドルを円に変えたりする必要ありません。そのため、外国の人とも簡単にお金をやり取りすることができます。

しかし、2017年に、日本でもお金のデータを盗まれるという事件がありました。まだ、今の技術では仮想通貨は完全に安心というわけではないというイメージを多くの人がもちました。

つまり、「仮想通貨は、便利な面はあるけど、まだまだ心配だから、仮想通貨をもつのはどうしようかな」と迷う人が多くいます。だから、仮想通貨の価格は大きく変わるのです。

仮想通貨の今後を簡単に説明します

仮想通貨の今後を簡単に言うと、「支払いに使えるお店が今後どれくらい増えるか」や「安全面での心配がなくなるか」によって、仮想通貨の普及が変わります。

仮想通貨を投資のために使っている人もいます。投資には、いろんな種類があるので、気になる方はあわせて関連記事をお読みください。

投資の初心者が知っておきたい投資の種類とは<投資12選>

2019年5月1日

世界には、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコインなど、仮想通貨が1500種類以上のあるので、技術がさらに進むことは間違いないでしょう。仮想通貨の今後にも注目してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です