<投資を勉強しよう>初心者にもやさしい投資とは?<誰でも分かる>

今の時代、銀行にお金を預けても、お金はまったく増えません。100万円のお金を銀行に預けても、1年で利子は10円にしかならない、仮に1億円預けたとしても、1000円の利子しかつかない時代となりました。

現金を銀行に預けても、家のタンスの中にお金を置いておいても、どちらもお金の増え方はほとんど変わりません。しかし、実は、お金の貯め方を変えることによって、お金の増え方が変わるんです。

お金の貯め方をちょっと工夫するだけで、お金を自然と増やすことができるようになります。初心者でもすぐに実践できる方法があるんです。

どんな方法でお金を自然と増やすことができるのか?

それは、「投資」という方法です。銀行預金よりもお金が増える可能性がずっと高くなります。リスクはありますが、お金を預けるところを変えるだけで、お金の増え方が変わります。

医療技術の進歩により、人生100年時代と言われるようになりました。これからは、多くの人が100歳まで生きるのではないかと言われています。時間をかけてお金を増やすために、投資と向き合ってみるべき。

初心者にも分かる投資とは?

投資とは、長いスパンで資産が成長することをじっと待つことです。投資は、決してギャンブルではありません。時間をかけて、人が子どもが大きな大人へとなるように、会社や企業も、同じように、時間とともに成長していきます。

小さな会社が、年月をかけて大きな会社になることはよくあることです。経済成長にお金を投じることになります。投資は、これから成長するものにお金を回して、うまくいけば自分も利益を得ることができる面があるのです。

また、投資によって得られる利益は2つあります。

初心者にも分かる「値上がり益」

投資の商品が、購入した時の値段より高く売れた時の利益です。

例えば、株のように、一株10円だったA株が、1年後には100円になっていれば、その株を売ったときに90円の利益となります。株の売り買いによって出た利益を値上がり益といいます。

また、マンションやアパートでも同じことがいえます。1000万円で買ったマンションが、街の開発が進み、数年後には1500万円で売れた場合、500万円の値上がり益があったといいます。

初心者にも分かる「定期的に得られる利益」

投資の商品を持っているだけで、定期的に利益を得ることがあります。

株なら分配金。株を持っている人は、株式会社が出した収益の一部を、お金を分配金として受け取ることができます。

また、マンションやアパートに投資した人は、月々の家賃を定期的な利益として受け取ることができます。

初心者には怖い、投資のリスクとは

投資には、元本割れのリスクがあります。銀行に預けたお金は、基本的に減ることはありません。しかし、元本(もともと預け入れたお金)が保証されていない投資は、値下がりによって元本割れをする可能性があります。

しかし、銀行にお金を預けていても必ず安心とは言い切れません。もし、銀行が倒産するようなことがあったら、多くの場合、お金は1000万円までしか返ってきません。世界では銀行が潰れることは珍しくありません。

日本の銀行は、世界的に見れば、まだ安全な方です。しかし、これまで日本でも、銀行が潰れたことはあるので、決して必ず安全というわけではないのです。

投資 まとめ

投資には、リスクとリターンがつきものです。投資には、ハイリスク・ハイリターンのものや、ローリスク・ローリターンのものがあります。

お金を失うリスクが高いと、大きなお金を得ることができるリターンが高まる傾向にあります。反対に、銀行のように、お金が減るリスクは少ないけど、大きなリターンもないという投資もあります。

どのような投資をするのかは個人のそれぞれの考えです。しかし、今の日本は銀行にお金を預けても、利子がつかず、まったくお金が増えません。

投資の中でも、リスクが小さいものにお金をかけて、大きなお金ではないけど、銀行よりはお金が増える投資に目を向けてみてはいかがでしょうか。

また、投資についてもっと知りたいと思う方へ

実際に、投資のセミナーに参加されるのも良いでしょう。投資について、人から直接聞いた方が話は早いですね。

参加者満足度95%の人気講座【投資信託セミナー】

もしくは、動画で投資の勉強をしたいという方は、【無料公開】スキマ時間で勝てる投資家を目指せる|お金のジムがおすすめです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です