買い取りの集客をする鉄則はまさにコレ!<買取店集客の秘訣とは>


私(桜木きよ)

今回は当サイトのスポンサー様である、

リサイクルショップポータルサイト【おいくら】さんについてご紹介しつつ、「インターネット活用と物流集客のビジネスモデル」を学んでいただけたらと思います。

スポンサー紹介

リサイクルショップポータルサイト【おいくら】とは

一般のお客さんからの買い取りはもちろん、リサイクルショップを経営している店側のバックアップまで幅広く手掛けています。


査定依頼件数年間60万件の実績から、お店側の「新規ユーザーを開拓したい」「買い取りの依頼を増やしたい」などの要望に応える、リサイクルショップ店をサポートするツールが充実しています。

買取店の集客は、今後さらにインターネットが主役になる

語るまでもなく、インターネットビジネス市場は日々拡大をしています。そして、ネットビジネスにおいて、圧倒的に多いのは小売業です。この時代の流れを集客に生かします。

インターネットを通じて、大きく成長した企業の代表の一つと言えるのが、Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)。ネット書店であったアマゾンは、パソコンユーザーをターゲットにパソコン関連商品の販売も行いました。

インターネットの技術が進化すると、売り上げも大幅にアップ。世界的な大企業へと成長しました。

インターネット技術の進化にともない、今までは売れにくいだろうと思われていたものが売れるようになってきました。

例えば、衣服。手に取ってみたり、試着してみたりしないと分からない商品が、現在では、Yahoo!ショッピングや楽天市場で売れるようになっています。

ネット環境が整い、多くの写真掲載やサイズの記載方法の工夫、ビジネスモデルの多様化など、急速に市場が拡大をしていきました。

最近では、パソコンだけでなく、タブレット端末の普及により、今後もさらにインターネットやモバイルの風が吹くことになります。

同じように、買取店でも、客が、店舗に足を運ぶことなく、インターネットを通じて、店に買取をお願いすることがこれから増えてきます。客が、1円でも高く買い取ってほしいと思ったときに、何店舗も買取店を回るのは非常に労力がいります。

インターネットを使えば、一括買取査定がカンタンにできてしまう。買取店の集客の主役が、インターネットに移り変わりつつあります。

実店舗を閉鎖してネット専業して集客拡大

ネット専業にすると、在庫リスクの軽減、人件費の削減から広告費の拡大を行うことができます。

最近、ネットショップによる売り上げの拡大傾向を見通して、”これまで販売を行っていた実店舗を閉鎖して、ネットショップに専念をする”という企業が増えてきています。

ネット専業の方が、商品管理・物流管理において大きなメリットがあります。商品がもし売れない場合、店舗の商品を並べる敷地には限度があるので、売れない商品が多くなると過剰在庫が発生します。

ネット専業の場合、商品を店頭に商品を並べる必要はないので、在庫リスクを小さくすことができます。

また、在庫のリスク削減や店舗運営費の削減から生まれた経費を広告費用に回すことで、集客の見込みをさらに大きくすることができます。

もちろん、実店舗をもちながら、ネットショップを出すことも可能です。しかし、効率を重視するならば、ネット専業の方が大きな効果をもたらします。

注意!新しい小売り形態に対応したシステムの構築の必要性

インターネットによる集客は効果的です。しかし、注意も必要となります。それは、お客さんの個人情報の扱いです。

実店舗での販売の場合、商品を直接お客さんに手渡します。そのため、店側が意図的に客の個人情報を入手しようとしなければ、客の個人情報は必要ありません。

しかし、ネットショップでは、毎回の受注情報にお客さんの情報が入っているということになります。受注情報は、個人情報となるため、扱いがとても重要になります。

お客の注文書から、商品を仕分けし、自宅や勤務先の違いなど、出荷先の確認などする必要があります。ネットショップのオーナーは、受注管理を一元化できるほうが効率が良くなります。

今後の買い取り店の集客

繰り返しになりますが、これからはインターネットの時代となるのは、誰もが納得することでしょう。この時代の流れに乗ることが、店舗の集客に大きな効果をもたらします。

ネットを利用するお客は、

  • 24時間いつでも好きな時間に商品を購入できる
  • わざわざ買い物に行かなくても、自宅など希望する場所に商品を届けてくれる
  • 豊富な品ぞろえから、欲しいものをすばやく選ぶことができる

といった、ニーズをもっています。ネットショップの便利さを生かした集客を意識するべきです。

すでに買取店を経営されている方へ

買取店においては、まずはインターネットの集客を行ってみるのはいかがでしょうか?当サイトのスポンサー、

リサイクルショップポータルサイト【おいくら】なら、 インターネットを通じての集客に向いています。多くの実績から、お店をサポートしてくれます。気になる方はぜひご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です