<どうする?>高校生になるまでお小遣いがいらなかった子のこれからは?<Yさん家庭>

”中学生になったら、部活で忙しくてお小遣いを使わない”というのは、よく聞く話です。

今回は、高校生のお子さんをもつYさん家庭のおこづかい教育を紹介します。

これから高校生になるお子さんをもつ方は、ぜひお読みください。

Yさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

16歳 高校2年生 娘

1回にあげるおこづかいの額

2000円

おこづかいを与える間隔

週1

おこづかいとお手伝いの関係性

特になし

Yさん家庭のおこづかい教育の内容

小学生の頃は、お手伝いをしていくらというようにお小遣いをあげていました。中学生に入り、部活で忙しくなってからは形が変わり必要な分だけあげるやり方になっていました。

しかし、高校生になってからは決められた金額でやりくりできるように1週間に2000円と決めております。

娘は大きなものは買いません。学校帰りに友達とお菓子やジュースを買ったりする程度です。

今は、お小遣いを渡すのは週一です。近々、金額は決まってませんが月に一回、半年に一回と伸ばすつもりです。年俸制も考えましたが、子どもの様子をみると、やりくりするのはキツイかなと思いました。

たまに、週末になって足りなくなり200~300円ほどお願いと言われることもあり、今はあげておりますが、今後は次の週のお小遣いから引くなどして対応する予定です。

桜木きよ先生から
中学生になると、お金を使う機会が減るようですね。そして、高校生ではお金は必要となってくる。ご家庭のお小遣い事情を教えてくださり、ありがとうございました。

私は、子どもが小さいうちから、前もっておこづかいやお金の教育をやっておくと後々楽になると考えています。

子どもが小さいときのおこづかい教育については、下の関連記事をあわせてお読みください。

子どものおこづかいで差がつく!<おこづかいで必要な7つのこと>

2019年2月19日

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

<まさに理想的>小4のお小遣いの与え方とは<お小遣いの与え方論><Mさん家庭>

2019年4月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です