お小遣いについて兄弟で関心がまったく違う?おこづかい事情を紹介<Oさん家庭>

姉と弟でお金への興味のもち方が違うということがありませんか?

今回は、お金の興味のもち方がまったく違うOさん家庭のおこづかい事情を紹介します。

兄弟がいるご家庭の方は、ぜひお読みください。

Oさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

12歳、女の子、中一

11歳、男の子、小6

1回にあげるおこづかいの額

長女1ヶ月600円

長男1ヶ月500円

おこづかいを与える間隔

月に1回、又は買う時。

おこづかいとお手伝いの関係性

お手伝いは関係なし、毎月定額。

Oさん家庭のおこづかい教育の内容

うちは毎月決まった額を渡しています。さらに、友達と遊びに行く時は、その都度、別に小遣いを渡すようにしています。。お祭りや友達と遊びに行く時などに渡したお金は、余ったら本人達のお金となり、学校必要品以外の欲しいものは、本人に渡したお金で買わせるようにしています。

長女にお小遣いとして渡している分は、600円です。少し前まで、雑誌を毎月買っていました。雑誌の値段がだいたい同じ600円だったので、その金額にしました。長女はお小遣いに関しては、不満はないようです。

長男も同じです。2人とも、本を買わなくなったので、お金にしました。 長女は、今、コミックを集めているので、某古本屋さんに行き、お小遣いでコミックを買っています。

お金の使い方は、2人とも、全く違い、長男は本を買わなくなり、貯めてる一方です。小銭が貯まると紙幣に交換してあげています。最近は、ゲームソフトに興味をもち、お金を貯めているようです。

桜木きよ先生から
こちらのご家庭では、姉弟でもおこづかいの使い方や、お金の興味のもちかたに違いがありますね。

以前、紹介したご家庭でも同じように、兄弟でお金への興味のもち方が違いました。お子さん一人ひとりにあったおこづかい教育が必要ですね。

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

高校生のお小遣いのやりくりは?そんなにお小遣いをあげて大丈夫?<AGさん家庭>

2019年4月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です