お手伝いをしたら、お小遣いの表にチェック!<冷蔵庫にお小遣い表><Mさん家庭>

お手伝い完了を書き込むチェック表を冷蔵庫にピタッ!

これで、子どもたちがお手伝いを楽しんでやるようになるんです!

今回は、チェック表を使ったおこづかい教育をしているMさんご家庭の紹介です。気になる方は、ぜひお読みください。

Mさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

小学生2年生 8歳 娘

年長     6歳 娘

1回にあげるおこづかいの額

お手伝い1回につき10円

おこづかいを与える間隔

子どものお手伝いの取り組み次第

おこづかいとお手伝いの関係性

お手伝いをするとおこづかいがもらえる

Mさん家庭のおこづかい教育の内容

おこづかい例としまして、 お手伝い一回10円としてます。 お手伝い表を自分たちで作成させ、冷蔵庫に書いたお手伝い表を貼ってます。

娘たちが作ったおこづかい表

子供たち独自に作成したので、お手伝いをしたら正の字を書いていくみたいです。

お手伝い内容として、 皿洗い、床そうじ、夕飯づくり一品、ご飯炊き、洗濯物をたたむなどを一回やるごとに10円わたしてます。各自で貯めたお金は、週末のゲーセンでガチャなどに使われてます。 以上が我が家の小遣いです。

桜木きよ先生から
子どもが自分からチェック表を作っていて素敵ですね。子どもは、市販のプリントしてあるチェック表よりも、自分で作ったものに愛着をもつことがあります。子どもが作ったチェック表について、親が子どもに穏やかに聞いていくと、親子の会話が増えますね。

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

小4からお小遣い制スタート!子どもの反応と、取り組みの様子はどう?<Kさん家庭>

2019年4月3日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です