小4からお小遣い制スタート!子どもの反応と、取り組みの様子はどう?<Kさん家庭>

小学4年生におこづかいをあげると、子どもはどんな反応をするでしょうか?

今回は、4年生からお小遣い教育を始めて、現在は6年生となったKさん家庭のおこづかい事情を紹介します。

おこづかいを継続的に2年間与えているご家庭の様子をご覧ください。

Kさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

小6 娘

1回にあげるおこづかいの額

・1000円/月

・お手伝い 1回につき100円

おこづかいを与える間隔

月1

おこづかいとお手伝いの関係性

お小遣いは毎月の定額制(お手伝いをしたときに臨時収入あり)

Kさん家庭のおこづかい教育の内容

私の家庭では、小学6年生の長女には、 毎月1000円のお小遣いとお手伝いの2つに分けて与えています。小4のときから変わらず1000円です。

お小遣いの金額は、1000円のみと決めて、お手伝いをした時は1回につき100円渡しています。

例えば、夕食後の洗い物をしてくれた時に100円。洗濯物を取り入れて、たたんでなおしてくれて100円。 と言う感じです。 欲しい物があり、お小遣いが足りない時は、子供の方から、「食器洗わせて」と言ってきます。

これは、娘が4年生の時から始めました。 おこづかいを始めるとき、娘は、何で?と言っていましたが、お手伝いをすることで、コツコツ貯めて自分で買った方が、大切にしますし、お金の大切さを、体験することで学んでくられたらと、思っています。

桜木きよ先生から
最近は、お金にはまったく興味がない子どももいますね。今の世の中では、物があふれ、日本にいれば貧しく思うことがほとんどなくなったからでしょうか。

しかし、お金を大切にするという感覚は大切ですね。Kさん家庭では、おこづかい教育を始めて、お金の大切さが勉強になるだけでなく、子どもが自分からお手伝いを活発にするようになったことも良かったみたいですね。

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

子供のお小遣いを年俸制にしたらどうなの?【ほぼ年俸制のやり方】<Rさん家庭>

2019年3月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です