<令和の教育>これからの令和を生きる子どもたちはお金に強くなれ!

10年先が見えない、予測ができないと言われる令和の時代がきました。これからの子どもたちは、どんなお金の教育が必要ですか?

これからの令和には、どんなお金の落とし穴があるかを話します。

子どもが、お金にだまされない、お金に強くなるためにはどうしたらよいか、この記事を読んで答えを見つけましょう。

令和には、見えないお金がさらに増える

令和では、現金があまり使われないようになるキャッシュレス化が進みます。海外では、現金お断りの店があるくらい、世界ではキャッシュレス化が進められています。

今後、令和となった日本でも、現金が使えない店が増えてきます。そうなると、これからの子どもはクレジットカードや電子マネーなどを使いこなせるようにならないといけません。

令和では、支払い方法がさらに多様になってくるので、子どもにはキャッシュレスで買い物をする経験や危険性を知る学習が必要になります。

また、一番心配なことは、キャッシュレスによって、お金を使っているという感覚がなくなることです。現金が見えないと、お金を使っているという実感がもてにくくなります。

現代の若者でも、クレジットカードによって残高不足になるほど、カードを使いすぎてしまうことが問題となっています。これからの令和を生きる子どもたちは、さらに見えないお金を使っているという意識を高める必要があります。

令和には、欲しいと思わせる誘惑がいっぱい

現代では、物や情報があふれています。令和の時代になっても、物や情報はさらにあふれていくでしょう。

スマホやネットの通信速度が上がったり、タブレットなどのICT機器がもっと身近になったりすることで、子どもは多くの企業の宣伝を目にすることになります。

しかし、使えるお金は限られているという感覚が、子どもには十分に育っていません。誘惑に負けずに、本当に必要なものだけを買うという力が、これからの子どもたちには身につける必要があります。

令和は、キャッシング(借金)が手軽になる

昔は、お金を借りるとなると、銀行、消費者金融、友達などから借りました。借りるときには、生身の相手がいるので、借りる人はお金に対して責任をもつ必要がありました。

しかし、今は、クレジットカードのキャッシング(お金をカード会社から借りてお金を使うこと)や、分割払い、リボ払い(カード会社からお金を借りて、月々の支払いを一定にすること)が簡単にできるようになりました。

クレジットカードを使うということは、一括払いであっても、一時的にカード会社からお金を借りるということです。

また、お金を使いすぎて、分割払いやリボ払いをすると、カード会社から手数料が取られます。これは、カード会社からお金を借りて、翌月以降に利子を取られているのと同じです。

このように、「分割払いやリボ払いの手数料は、利子と同じ」という感覚がないと、令和を生きる子どもは、大人になっても気付かず、知らない間にお金の失敗をしてしまいます。

令和のお金の教育 まとめ

令和では、物や情報がさらにあふれ、お金の落とし穴も増えていくことでしょう。令和を生きる子どもには、どんな力が必要か見極める必要があります。

手元に現金がなくても、デジタルで万単位のお金を使える時代。

子どもの成長に合わせて、まずは現金、電子マネー、クレジットカードの順に、見えないお金の正しい使い方を、子どもに教えましょう。

大人がお金のことや資産運用を学ぶにはこちら。

動画で手軽に投資のことを勉強する方は、1日たった10分、90日間で勝てる投資家を目指すお金のジムがおすすめ。毎日10分の動画で、90日間勉強ができます。

【無料公開】スキマ時間で勝てる投資家を目指せる|お金のジム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です