友達、仲間と同じクラスになる確率<世界規模で考える>

学校の35人学級のクラスで、人と人が同じクラスになる確率はどれくらいでしょうか。

世界規模で考えると、とてつもなく奇跡のような確率となります。

どれくらいの確率なのか、想像をふくらませてみてください。

世界の人口から考える同じクラスになる確率

まず、世界にはどれくらいの数の人がいるのでしょうか。

答えは・・

70億人です! (国際連合「世界人口白書」より)

(35億じゃないよ。)

今、この瞬間でも、世界では多くの新しい命が生まれているので、世界の人の数はどんどん増えています。

つまり、あるクラスのメンバーとして35人が集まる確率は、「70億分の35」となります。

数字にするとこんな感じ。

35/7000000000

ん~あまりピンときませんね。では、場所から考えてみましょう。

場所から見る同じクラスになる確率

地球の外には何があるでしょう。

宇宙ですね。

宇宙には、数えきれないほどの星があります。

その中で、たった一つだけ「地球」という星があります。

地球という星の中にも、いくつもの国に分かれていて、地球には、196か国の国があります。

さらには、その196か国の中に「日本」という国が一つだけあります。

さらに、日本という国の中には、学校が約40000校あります。

その40000校の一つがあなたの学校で、全校児童の何百人といううちの35人なのです。

クラスにいる中の1人でも、1年、早く生まれたり、遅く生まれたりしたら、この35人はそろいません。

これは、奇跡的な出会いであり、当たり前のことではありません。

同じクラスのメンバーとして集まることは、まぎれもない奇跡なのです。

友達・仲間と同じクラスになる確率 まとめ

1つの35人クラスのメンバーとして集まった人は、70億人のうちの35人です。これは、何かが一つでも違っていたら、隣の席の人と巡り合うことはなかったかもしれません。

地球は65億年の歴史があります。たった1年間だけの間に生まれた子どもたちが、無限に広がる宇宙の中の1点の教室で出会ったのです。

こんな奇跡はあるでしょうか、と思いたくなるくらいの出会いなのです。

だからこそ、この奇跡を価値あるものとし、同じクラスになったメンバーを大切な仲間として、受け入れるべきです。

これからも一緒に過ごす同じクラスの友達、仲間を大事にしてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です