スタンプがたまる!お金が貯まる!スタンプカードを使ったおこづかい教育<TKさん家庭>

おこづかいの与え方でスタンプカードを使えば、お子さんが家のお手伝いを進んで行い、楽しくおこづかいを貯めることができるようになりますよ?

小学生から中学生にあがったお子さんのおこづかい事情を紹介します。

子どもに、家のお手伝いを進んで取り組ませたい方はぜひお読みください。

TKさん家庭のおこづかい事情

お子様の年齢もしくは学年

14歳 中学2年生(男子)

1回にあげるおこづかいの額

2,500円

おこづかいを与える間隔

月に1度

おこづかいとお手伝いの関係性

おこづかいは定額制で、お手伝いの有無は関係なし

TKさん家庭のおこづかい教育の内容

小学生の時は、学年×100円を基本のおこづかいとして渡していました。 基本のおこづかい以外には、20枠のスタンプカードを作成しました。家のお手伝いをするとスタンプがつきます。スタンプ1個につき5円です。最後まで貯めると、100円の現金に交換できるルールを作っていました。

スタンプはお手伝いをしたら押すルールです。例えば、お風呂掃除をしたらスタンプ10個・玄関の掃き掃除をしたら6個など、お手伝いの内容によって、取り決めをして、紙に書き出して子供が確認しやすいリビングに掲示していました。

低学年のうちは、ゲーム感覚でお手伝いをして、スタンプを貯めるのを楽しんでいました。しかし、高学年になるとお金が欲しい時だけ、沢山お手伝いをして必要のないときはお手伝いをしなくなってしまいました。

中学に上がってからはスタンプカードは廃止して、まとまった金額を渡すようになりました。 金額は中1→2000円・中2→2500円・中3→3000円と決めています。

中学生になった最初の頃は何も考えずに貰ったらすぐに使ってしまい、おこづかいが足りないという時が何度かありましたが、徐々に自分でおこづかいの使い道・使い方を考えるようになり、月に1度渡す金額でやりくり出来るようになりました。

桜木きよ先生から
低学年はスタンプやシールがとっても好きです。おこづかいとお手伝いをかけ合わせのには、スタンプやシールはとても有効ですね。お風呂掃除をしたらスタンプ10個など、お手伝いの内容によってスタンプの数が変わる取り組みは、子どもも楽しんでやれそうです。なにより、一番素敵なことはスタンプカードを途中でやめることを、お家の人が決断されたこと。やはり、子どもには発達段階に合わせた方針が重要です。子どもの気持ちに寄り添ったお家の人の温かさがみえてきますね。

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい教育についてはこちら↓

1か月間に使った金額をきちんと把握させるおこづかい教育<Tさん家庭>

2019年3月18日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です