硬貨に描かれているものの意味はなに?<硬貨のデザインやコスト>

5円玉には、稲と水、歯車の絵柄が描かれています。日本らしさが伝わってきますね。他にも、硬貨には植物が描かれているのですが、何種類くらいあると思いますか。

日本の硬貨の絵柄にはどんな意味があるのでしょう。

普段、気にもかけなかった硬貨の絵柄について、周りの人との話の種にしてみてはどうですか?

硬貨に描かれているものの意味 1円玉

1円玉の描かれているもののは木。一般的に、1円玉の木は、若木(わかぎ)と呼ばれています。しかし、実在した木ではありません。1円玉のデザインは、昭和29年に一般公募で決まったデザインです。

応募は賞金7万5千円がかかっていたこともあり、40日間で2500点以上の大人気なものとなりました。

ちなみに、1円玉を作るのには、アルミニウムの原価額も含め、約3円かかると言われています。1円玉は、作れば作るほど赤字になります。

硬貨に描かれているものの意味 5円玉

5円玉には、稲と水の絵柄が描かれています。ほかにも、中央の穴を利用したギザギザの歯車が描かれています。

稲は農業、水は水産業、歯車は工業を表しています。この3つは、戦後の日本の復興を願っています。

神社やお寺で、よく5円をお賽銭しますが、知らず知らずに日本の繁栄も願っているのですね。

硬貨に描かれているものの意味 10円玉

10円玉には、かわいいリボンがついているのはご存知ですか?年号が書かれている面には、木の葉とリボンが描かれています。

ただこのリボンに見えるものは、常盤木(ときわぎ)という葉をモチーフにしたものです。

また、10円には世界遺産に登録された京都市の平等院鳳凰堂が描かれています。これは、人々が救われるようにと願いが込められています。

硬貨に描かれているものの意味 50円玉

50円玉も公募で決まったデザインで、が描かれています。穴あきの硬貨は世界的には珍しいです。

かつては、50円玉には穴は開いていなかったようです。色も形も100円玉と似ていて、間違えることが多かったため、穴あきのデザインとなりました。

硬貨に描かれているものの意味 100円玉

100円玉は、鳳凰(ほうおう)から稲穂、現在はへと変化しています。

100円玉は以前は銀からできていました。銀で100円玉を作ると、材料費だけで200円ほどかかったそうです。銀の価格が高騰したため、現在は、銅とニッケルを合わせた白銅が材料に使われています。

硬貨に描かれているものの意味 500円玉

500円玉には、桐(きり)、竹(たけ)、橘(たちばな)が描かれています。

500円玉は、自動販売機の急速な普及により、作られました。

500円玉は、硬貨のなかでも一番価値が高いため、偽造されないようにいろんな工夫がされています。

幅の狭い側面には、斜めにギザが灰いていたり、500の数字の中には特殊な加工がしてあります。また、マイクロ文字で「NIPPON」と描かれています。

硬貨に描かれているものの意味 まとめ

硬貨には、たくさんの植物や願いが描かれています。普段、あまり気にかけなかった硬貨について、知らないことも多かったのではないでしょうか。

硬貨には、若木、稲穂、双葉、唐草、常盤木、菊、桜、桐、竹、橘と、10種類の植物が描かれています。

硬貨には、デザインや歴史があります。お金のなりたちについては、関連記事をご覧ください。

お金の歴史<お金の起源は貝?小学生でも分かるお金が生まれた話>

2019年2月25日

硬貨について、話してみると意外に話が盛り上がるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です