恐怖のベルト事件

私が中学3年の時の話です。

当時、弟は小学6年生でした。

当時も現在と変わらず、弟とはそれなりに仲が良く、よく一緒に遊んだりしていました。

今はもう何が原因でけんかをしたのか、忘れてしまいましたが、

2階の子ども部屋で遊んでいる最中、ちょっとしたことから口げんかとなりました。

ささいな兄弟げんかが恐怖のどん底に

ー2階の子ども部屋で、けんかの最中

弟「お前なんかこ〇してやる」

私「どうやってやるの?」

弟「ベルトでしめこ〇す」

私(力では絶対に負けないから、そんなことできるわけない笑)

 「やれるならやってみろよ」

弟「わかった!」

-下の階に向かう弟-

弟「お父さーん!ベルトない?」

お父(おとう)「何に使うんだ」

弟「兄ちゃんころすー!」

お父「おう。わかった。じゃあ、これを持っていきな」

弟「わかった!」

ーお父から受け取ったものを手にして、2階へ上がる弟ー

弟が手にしていたものは・・

「ガチャ」

ドアを開けた弟が手にしていたものは、包丁

めちゃくちゃ驚きました!少し死を覚悟しました。

しかし、私は、弟にはそんなことができるわけがないと思い、

私「やれるもんならやってみろよ」と強気に出ました。

包丁を手にしたまま固まる弟。

すると、

お父「なら、俺がやってやるわ!!!」

まさかの部屋にお父登場。

これには、私も落ち着いていられなくなり、土下座して許しを得ました。

当時のお父は、兄弟げんかなんかせず、兄が弟に優しくしなさいという気持ちだったようです。

それ以降、兄弟げんかも少し減ったように思います。

今では、良い思い出です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です