小学生の正しいお小遣いの使い道は親が教えるべきではない。なぜ?

子どもにお金を渡したら、すぐに使ってしまう。意味のないカードばかり買って、せっかく買ったカードはすぐにボロボロする。売り場では、子どもが親に「買って買って」とせがみ、親も呆れてしまう。もう、うちの子にはお金は渡さないようにしよう・・。

そんなことはありませんか?このままでは、将来、うちの子のお金の使い方は大丈夫!?と心配になりますよね。

子どものお金の使い方は、子ども自身が学ばなくてはなりません。子どもに、お金を渡すのが怖いからといって、お金を渡さなくなってしまっては、子どもが学ぶことすらできなくなってしまいます。

では、親は、子どもにどうやって正しいお金の使い方を身につけさせればよいのでしょうか?

小学生のお小遣いの使い道は、子ども自身に考えさせる

親が「お金は大事にしなさい」、「物は大切にしなさい」と口癖のように言うと、子どもは気持ちよく返事をします。しかし、実際は本当に分かっているのでしょうか?子どもは、頭の中で分かっていても、間違った行動をとることがあります。

私が教師になりたての時の経験です。

遊びに行く前の子どもに、私が「けんかをせずに楽しく遊びましょう。相手が傷つくことや怒らせるようなことは言ってはいけませんよ」と、声をかけても、結局、子どもはけんかをしてきます。

遊びに行く前は、あんなに気持ちよく「はーい!」と返事をしていたのに。やはり、子どもは、頭の中で、悪口や相手を嫌がるようなことは言ってはいけないと分かっていても、相手を怒らせるようなことを言ってしまうのです。

それはなぜか。

それは、子どもは、大人の言葉を信じることができても、子ども本人の中で理解が深まっていないからです。表面的な理解のみになっているので、応用が利きません。

子ども自身が、「分かった!そういうことだったんだ!」と、思う瞬間がいちばん子どもの理解が深まります。

つまり、大人は、子どもに何度も失敗を経験させる必要があります。子ども自身が「あのとき、ついあんな言葉を言ってしまったから、けんかしてしまったんだ」と、あとから自分でふり返って気付かせることで、子どもの理解は深まるのです。

おこづかいの使い道も同じように、親が一方的に教えるのではなく、子ども自身に考えさせた方が学習効果が高いのです。

小学生のお小遣いの使い道に、親は口出しをしない

子どもは、失敗を多く経験した子の方がどんどん伸びていきます。大人が先回りして、子どもが失敗しないようにすると、子どもは学ぶことができなくなってしまいます。

親が先に「そんなの買っても意味がないから、買ってはいけない」と言ってしまったら、子どもは、物の価値の見分け方を自分で学ぶことができなくなります。

じゃあ、どうするか。

子どもに、お金の管理の仕方を教えてあげましょう。

子どもにおこづかいの使い道を教えるのではなく、お金をどうやって管理するのか教えてあげるのです。

お金の管理には、基本的にお金を「ウォンツ、ニード、ショートプール、ロングプール」の4種類に分けることが大切です。

お金の種類分け「ウォンツ、ニード、ショートプール、ロングプール」についての詳しい説明は、関連記事をご覧ください。

お小遣い管理は、4つの空きビンがあれば完ぺき!?<子どもも旦那も>

2019年3月1日

おこづかいをもらったら、先に貯めておくお金自由に使っていいお金を、子どもに分けさせましょう。自由に使っていいお金の範囲内なら、子どもは何を買ってもかまいません。親も口出しをする必要がなくなります。

小学生のお小遣いの使い道は、学びのチャンス

後は、「習うより慣れろ」。子どもがお金を管理していく中で、「こんなにカードばかり買わずに別のことに使えばよかった」と思うときが必ずあります。

子どものうちは小さな失敗を積み重ねるもの。”大人になってから大きな失敗をしないよりはましだと思う”。親にはそんな心構えが必要です。小さいころなら、親の目もよく届きます。子どもが大人になるまでにはなんとなります。

また、どうしても子どもがお金のことで迷っているなら、親は、「こうしなさい」ではなく、「こう思う」を伝えましょう。

例えば、子どもの欲しいものなかに、「ゲーム機」や「携帯電話」など、高額なものや月々にお金がかかるものも出てくるでしょう。そういったときは、子どもの気持ちを尊重しながら、親が人生の買い物の先輩として相談に乗るのです。

こうして、子どもは、おこづかいの使い道を自分で考えることで、学びのチャンスを増やしていけば、大きく成長します。遠回りのように思えても、子どもに考えさせたほうが、後々、親は子どものお金の管理についての心配がなくなります。

小学生のお小遣いの使い道 まとめ

子どもが自分でおこづかいの使い道を考えれるようになれば、自然と親が教えることはなくなっていきます。

子どもは何回も同じ間違いをすることがあります。でも、 そこから強度を上げて、成長していくものなのです。

「お金がなくても、親が助けてくれるさ」と、子どもが親に頼りきらないように、自分で苦難を乗り越える力をつけさせてあげてください。親は、見守る心をもって子どもを成長させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です