小学生におこづかい帳をつけさせた方がいいの?メリットは?

これから、子どもにおこづかいを与えることにしました。ただ与えるだけでいいの?

せっかくだから、おこづかい帳をつけさせた方がいいのかしら?でも、どうやってつけるの?

おこづかいをあげる前に、おこづかい帳をつけるメリットと注意点を知っておきましょう。

おこづかい帳で身につく力

おこづかい帳をつけることで、

  • 算数や計算の知識が、実生活で役に立つことを実感できる
  • 定期的に、おこづかいの計算をするので、計算や算数の力が身につく
  • 自分のおこづかいが今いくらあるかをチェックできる
  • 「お金には、収入と支出の2つがあることを知る」など、金融教育になる
  • 金についての成功や失敗がすべて記録として残り、財産となる

単純に、計算をする場面が日常生活で増えるので、計算力がつきます。小学校の算数では、答えは「○○円」というような、お金の問題が結構多いです。

おこづかい帳をつけている子は、自分の日常を思い浮かべながら取り組むことができるので、問題を解くのが楽しくなります。

おこづかいをもらっていない子は、お金には収入と支出の面があることを理解しにくいです。そうなると、大人になってから、収入以上に支出を増やしてしまう危険があります。

おこづかい帳をつけている子は、収入と支出のお金の流れを見える化できます。おこづかいの収入内でお金をやりくりすることを覚えます。先に貯金する金額を決めておけば、貯蓄を先取りして、残ったお金で楽しむ感覚が身につくのです。

お金のやりくりは失敗がつきもの。どんな経験も子どものためになります。小さいうちの失敗は学びのチャンス。

失敗を成功に生かすチャンスととらえることができます。おこづかい帳の記録を振り返れば、自分の財産となるので、大人になっても役に立つことがあるでしょう。

おこづかい帳をつける子の親のメリット

おこづかい帳をつけることは、親にもメリットがあるのです。

  • 子どもとのコミュニケーションが増える
  • 子どもの好きなものの変化を知ることができる
  • 子どもの「買って買って」攻撃がなくなる
  • 子どもの自立をうながす

おこづかい帳をつけていると、自然とおこづかい帳の内容が話題になります。おこづかいをあげた親が子どもにしつこく「何買ったの?」と聞かなくても大丈夫。おこづかい帳を見れば一目で分かります。子どもにとっては、面倒くさい親の質問がなくなります。

「ついこの間までは、チョコレートばっかり買ってたのに、最近は違うお菓子を買っているのね」と、子どもが興味をもっているものが分かります。「チョコレートはもう食べ飽きた。このお菓子おいしいよ」と、子どもとの会話が進むでしょう。

お菓子売り場やおもちゃ売り場で、子どもの「これ、買って買って」攻撃があっても、「自分で買ったら?」の一言ですべて解決します。収入のうちから、支出する感覚を身につけていれば、「買って買って」攻撃は自然となくなります。

お金のことは自分でやろうとすることは、子どもの経済的自立の始まりです。

親の子育てのゴールは、自立です。詳しくは、別の記事に載せています。

親は子どもを自立させるべき、その理由とは<親の子育てのゴール>

2019年2月26日

おこづかい帳のつけ方

おこづかい帳は、お金には支出と収入があることを子どもが体感的に理解できる道具です。おこづかい帳を選ぶときは、毎月のお金の流れが分かるものを意識しましょう。

あとは、子どもが気に入ったもので問題ないです。子どもが、おこづかい帳を好きになることの方が重要です。100円均一やネットで買ったもので十分です。

おこづかい帳は、始めは大人がつけ方を見せてあげましょう。始めの月は丁寧に教えて、次の月からは前の月の記入例を参考にするようにさせると良いでしょう。子どもが一度覚えてしまえば、親は検算のみで済むようになります。

おこづかい帳はあくまで道具です。その子に合った使い方は工夫しましょう。おこづかい帳の見本通りにいかなくても、お金の流れが分かるように書けていれば問題なしです。

おこづかい帳の注意点

親はお小遣い帳の中身を見て、購入されているものには、文句をつけてはいけません。子どもが、買ったものを正直に書かなくなってしまいます。正直に書かないとお金に対してごまかしても良いことになります。

とにかく 、正直に書いてあればOKとします。その代わり、正直に書かなかったら、とことん叱りましょう。世の中には、お金をごまかして、逮捕された人や借金がどんどん膨らんでいった不幸な人が多くいます。

また、正直に書いて、何に使ったか分からない、用途不明金があっても許しましょう。一般家計にも、用途不明金は存在します。

子どものおこづかい帳のお金と手元のお金が合わないことは、よくあります。細かいことは突き詰めず、始めは習うより慣れろ。

子どもの成長につれて、正確さが増します。書くことを積み重ねて、きちんと書けるようになります。正確に書けたら、ご褒美にシールを貼る方法も良いでしょう。

もう一つ、もしおこづかい帳が長続きしなくても、途中でやめてしまって構いません。おこづかい帳では、お金は収入のうちから支出することを理解するのが目的なので、理解できたら無理に続ける必要はないのです。

大人になって、もっと複雑な会計や家計に出会ったとき、子どもの頃の経験が思い出されます。わずかでもおこづかい帳の経験があれば、大人になってから急に家計簿をつけてみようと思うことがあるかもしれません。

まとめ

おこづかいをせっかくあげるなら、おこづかい帳をつけると、子どものさらなる成長につながります。子どもが大人になったときに、お金で大きな失敗がなくなります。

もし、大人になってお金のことで困りそうなら、子ども時代のおこづかい帳をふり返れば、何か踏みとどまることができるかもしれません。子ども時代の小さな失敗が大人になったときの大きな失敗を防ぐのです。

おこづかい帳はあくまで道具。使い方にも工夫ができるし、ルールや注意も必要です。おこづかいを通して、子どもが学べるチャンスを増やしてあげましょう。おこづかい帳は長続きしなくても大丈夫。一つの大切な経験になります。まずはやってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です