<小学校>入学前の子どもはどんな気持ち?(小1の心理状態)

いよいよお子さんも小学校入学。親は、「子どもが、小学校でうまくやっていけるか心配」という気持ちがありつつも、「いよいようちの子も小学生だ、立派になったな」という気持ちが大きいのではないでしょうか。

いざ、子どもはどんな気持ちなのでしょうか?親の期待の気持ちと、かけ離れていませんか?

4月の子どもの気持ちを考えてみましょう。

期待と不安が入り混じっている

4月、入学前の子は、期待と不安の2種類が、心の中に入り混じっています。

期待のドキドキ

  • 学校には、どんな友達や先生がいるのかな?
  • 学校には、何があるのだろう?
  • 楽しいことはなんだろう?
  • どんなことを勉強するのかな?

もともと、子どもは、知らないことにはとても興味をもつので、自然と小学校へ期待をもちます。新しい場所で過ごすことや、保育園や幼稚園以外にも、友達が増えることは子どもにとって嬉しいことです。子どもは、小学校入学を前向きに考えて、楽しみな気持ちをもちやすいです。

また、大人が思っている以上に、子どもの学びたいという意欲は高いです。できないことや苦手なことがあっても、いつかはできるようになりたい、大人になるまでにできるようになると、チャレンジする力があります。

不安のドキドキ

  • 友達をすぐに作れるかな?
  • 学校は楽しいところかな?
  • 何かいやなことはないかな?
  • 勉強がむずかしかったら、どうしよう。

いつもは明るく元気な子でも、人見知りする面は誰でもあるものです。昨日まで、期待していたことが不安になることもあります。期待と不安が、見え隠れすることが、この時期の子に多く見られます。

こんな行動が表れたら、ドキドキしているサイン

表情

⇒笑顔が少ない。悲しそうな顔

行動

⇒下を向いている。キョロキョロしてたり、辺りをよく見まわす。不注意な行動が多くなす。

言葉

⇒心がしんどいときに、「つかれた」や「いやだ」、「やりたくない」など、心を素直に表す言葉が多くなる。

大人が、子どもの疲れに気づいたときは、子どもへの要求のペースを緩め、ゆっくりとした時間を過ごすことが大切です。

親が、子どもに無理やり小学校への期待感をもたせなくても、自然と子どもの期待感は沸きます。

入学前の子どもは、海外旅行に行く前の人の気持ちに似ています。

旅行は楽しみだけど、現地の人とコミュニケーションが取れるか心配。行ったことのないところだから、何かあったらどうしよう。

しかし、当日の朝、起きてみたらわくわくする!家を出て、向かっていると楽しみになってきた!入学前の子どもも同じような気持ちになっています。

子どもの心のサインを見つけても、親は慌てる必要はありません。案外、親が心配するよりも、子どもは頼もしいです。

親の気持ちを伝えるばかりでなく、子どもの気持ちに寄り添うことを心がけをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です