子どものおこづかいで差がつく!<おこづかいで必要な7つのこと>

子どもは、大人に甘えて「買って買って」とねだるわりに、いざ買ってもらうと、モノを乱暴に扱って、すぐに壊してしまうことがありますね。

親は、「お金の価値をきちんと分かっているのかな?」「子どもに、自由にお金を持たせるのはこわいな」と思うこともあるでしょう。

しかし、親がいつまでも子どもに、欲しいときに欲しいだけお金を与え続けていては、子どもが自分でお金を管理する力が身につきません。

おこづかい教育のメリット

  • お金との付き合い方を学ぶことができる
  • 子どもの衝動買いをなくし、自分の欲望をコントロールできる
  • 新品の良さだけでなく、お古のありがたみや中古品の良さが分かる
  • 親子で語り合う時間が増える。お金のことだけでなく、子どもの好みの変化や将来の夢など
  • 子どもの「買って買って」攻撃がなくなる

子どもにお金を渡すのはこわいかもしれません。しかし、それは子どもがお金の使い方を知らないから、こわいのです。お金の使い方は、実際に子どもにお金を管理させて初めてお金の使い方を学ぶことができます。

おこづかい教育の7つのルール

1.お金の話をタブーとしない

お金の付き合い方を教えられるのは家族しかいません。
テレビやニュースでお金についての気付きがあっても、家庭で、お金の話をタブーとしていては何の意味もありません。将来のことをしっかり考えている家庭ほど、お金の知識や大切さ、使い方が話題になります。

2.おこづかい会議を開く

おこづかい会議は、月々のおこづかいはいくらにするか、親子で話し合う時間です。基本的には、学年が上がるにつれて、段階的におこづかい額を上げていきます。

お子さんが中学1年生になったときのおこづかいを先に決めておいて、年齢が上がるにつれて、決めておいた額に近づけていくと理想的です。

しかし、各家庭の生活状況により、変更をしなければならないこともあるでしょう。そんな時は、おこづかい会議で話し合いましょう。大人の世界なら交渉の場です。子どもがおこづかいの交渉を行って良いのは、おこづかい会議の時だけです。

おこづかい会議について、詳しく知りたい方は、あわせて関連記事をお読みください。

子どものおこづかいの与え方に迷ったら、おこづかい会議を開こう

2019年2月28日

3.1か月のおこづかいは、「年齢×400円」とする

「毎月、年齢×400円」は、おこづかいの額を決めるときの一つの基準です。例えば、6歳の子であれば、1か月で、6歳×400円=2400円です。

多いように思われると思いますが、次のルールに出てくる学用品までも自分で支払いをするためです。400円というのは、あくまで目安です。

今まで、家計簿をつけていたご家庭では、今までの1年間分をふり返り、子どもにかかった必要な金額とおこづかいを算出して、毎月いくらあたりが妥当かを計算してみても良いでしょう。

4.学校で必要な用具について、代金の半額は、子どもがおこづかいから出す

支出の基本的な考え、「支出=必要な物を買うための費用+自分の好きなものを買うための費用」を学ぶためです。自分で使う必要な物の予算を立てておき、残ったお金で好きなことに使います。これができないと破産です。

子どものうちから、お金を管理する力を伸ばすことができます。

まず初めの一歩は「必要なもの」「ほしいもの」を分けることから。
必要な物にかかるお金を先取りする習慣を身につけることで、破産を防ぐ感覚を養います。

学校で使う鉛筆や消しゴムなど、子どもに必要な物は、子どもが自分で買うようにします。子どもは物を大切にするようになります。

<子どもの落とし物>小学生が思わず物を大切に使いたくなる方法

2019年2月20日

5.子どもが買う物に、親は口出しをしない

一人でやってみないと分からないことが多くあります。親が「またこんな無駄な物ばかり買って」と叱っていては、子どもが自分で気づくことができません。

子どもが大人になったとき、叱ってくれる親がいなくても、自分でお金を管理できるようにします。親が、買うものを指示することや、買ったものを叱ることは禁止です。

成功した体験も失敗した体験もすべて子どもの力となります。親も、子どもが大人になってから大きな失敗をするよりも、今はいい経験になると、割り切って考えましょう。

子どものおこづかいの使い道に、親が口出しをしない方が良い理由は、関連記事をお読みください。

小学生の正しいお小遣いの使い道は親が教えるべきではない。なぜ?

2019年3月2日

6.おこづかいをもらったら、すぐに一定額を貯金もしくは投資

貯蓄の基本の考え、「収入ー貯蓄=支出」を学ぶためです。大人になってから、お金が貯まらない人は「収入ー支出=貯蓄(ほぼ0)」になっているからです。子どものうちから、貯蓄をする習慣を身に着けます。

おこづかい教育を始めて、月末に残ったお金も貯金にしましょう。繰り越しをすると、次の月は浪費しがちになります。毎月決められた額でやりくりすることで、お金を管理する力を身に着けます。

高学年になったら、投資をしてみても良いでしょう。投資はギャンブルとは違います。銀行の利息はほとんどつかない世の流れです。投資信託なら100円からでも始めれます。社会への関心を高めることもできます。

7.毎月、おこづかい帳をつける

収入と支出をはっきりさせて、貯蓄がどれほどできるか見るためです。どんぶり勘定では、おこづかい教育の意味がありません。おこづかい帳を使って、お金を流れを理解して、お金が貯まる仕組みづくりをします。

毎月、決められた日に、おこづかい帳の決算とおこづかい会議をします。決算をしないと、翌月のおこづかいをもらえないとしても良いでしょう。子どもは真剣に書きます。

始めは決算の仕方を、電卓を使って、大人がやり方を見せるのが有効です。慣れてきたら、子どもにやらせましょう。親は検算だけをします。

おこづかい帳の収支と現金があっていたら、ご褒美シールをあげるのも良い方法です。叱るのはおこづかい帳をごまかそうなどの不正があったときだけ。そんなときは思いっきり叱ってOKです。

おこづかい帳については、あわせて関連記事をお読みください。

小学生におこづかい帳をつけさせた方がいいの?メリットは?

2019年2月27日

おこづかい教育でもっとも大切なこと

それは、お子さんにたくさんの失敗の経験を積ませてあげることです。今は、まだ小さいので、失敗してもいくらでも取り返せます。次は失敗しないようにしようと工夫が生まれ、子ども自らが考えるようになります。

そして、もう一つ大切なことは、親の本気で「おこづかい教育をやるんだ」という気持ちです。親の勝手な都合や子どもの甘えで勝手にルールをころころと変えていては、親に頼らず、自分で何とかしようという、子どもの自立の心が育ちません。

うまくいかないときは、親子でとことん話をして、失敗から学ぶチャンスととらえるべきです。失敗は、成長をしていくのに必要な過程です。

子どもが後ろ向きな気持ちになっているときは、おこづかい教育を通して、何を学んでほしいかを伝えましょう。子どもは親の思いを知ることができます。

おこづかい教育は、早ければ早いほど効果が上がります。子どもが大きくなるほど、先入観をもち、親へ反発する気持ちが大きくなるからです。

親にお金の多くの知識はいりません。子どもを自立させたい。子どもに、自分で考えて行動をして、責任を取れる大人になってほしい。子どもがしっかりと成長できるようにしてあげたい。親として強い思いが大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です