<1日105円>お菓子を買うお小遣いをあげよう!子供の反応は?

子どもが欲しがった時に、言われた金額のお小遣いをあげていませんか?子どもが大人になったとき、いつまでも親が子どもにお小遣いをあげるわけにはいきません。

子どもの正しい金銭感覚を養いましょう。

お小遣い教育の実践例 1日105円生活

息子・優太(仮名4歳・保育園年中)が、買い物ごっことスーパーでの買い物を楽しみにするようになったころ、こんな提案をしてみました。

私「これからは自分でお菓子を買うようにしようか?毎日105円(100円+当時の消費税)のお小遣いをあげるから好きなものを買っていいよ」

優太「わーい!やったー」

私「でも、これだけは約束して。お母さんはお菓子をゼッタイに買いません。優太のお菓子は優太が買うんだよ」

この日から、1日105円のお小遣い生活が始まりました。

毎日105円を渡すようにしたのには、理由があります。100円という金額が、買い物の計算をするうえでちょうどいい単位だったからです。

小さい子供が1日に食べるお菓子は、たいてい100円以内で買えます。計算がよくわからなくても、値札を見て、105円以下の商品を選べば、おやつは簡単にゲットできるわけです。

買い物に慣れていない初期の段階でも、さほどストレスをためずに買えます。

また、慣れてきたら、「10円のお菓子なら10個、52円のお菓子なら(50円+消費税)2個買えるよ」と、アドバイスすることで、お菓子を組み合わせて買うことのおもしろさを喚起できます。

計算が好きな子どもなら、いかに多く、自分の好みのお菓子を手に入れるか、知恵を絞って考えるはずです(優太がまさにそうでした)。

さらに、おもちゃ付きのお菓子や男の子に人気のカードパックは、105円では買えません。210円、315円くらいはかかります。これを手にするためには、お金を貯めなければいけないのですが、1日105円だと計算がラクなんですね。

「210円のモノが欲しいときには、1日ガマンしたら買えるよ。315円のモノなら2日ガマンしたら3日目に買えるよ」というふうに教えるだけで、『子どもは貯めて買う』ことを覚えます。

1日、2日の辛抱であれば子どもはやってみようと思うのです。貯めて買えた時の喜びも知るでしょう。1日105円(100円+当時の消費税)のお小遣いは、月に換算すると3150円~3255円。

お小遣いの相場からいうとかなりの高額です。しかし、その間はおやつを買わないことにしていたので、家計への影響はほとんどありませんでした。

とはいえ、正直言って、子どもを連れて毎日買い物に行くのはたいへんな労力でした。優太は買い物に時間がかかる子どもだったので、彼がレジでお金を払うまで、ただひたすら待っていなければいけないのです。

息子があーでもない、こーでもないと迷っている間、「この時間があれば、1品料理ができたなぁ」なんてよく思っていましたけど、1日105円生活は保育園の年中(4歳)から小学1年生の6月まで続けました。

今は1カ月1000円(年齢×100円)生活に変わりましたが、約2年間で息子・優太はたくさんのことを学びました。

限りある収入の中でいかに満足して暮らすかを学ぶためのお小遣いですが、同時に、自分自身で行動すること、自分の行動に責任を持つことを教えることができました。

「フィナンシャル・プランナーママの実践マネー教育」アールズ出版

【あわせて読みたい】桜木きよ先生おすすめのおこづかい教育はこちら

子どものおこづかいで差がつく!<おこづかいで必要な7つのこと>

2019年2月19日

【あわせて読みたい】他の家庭のおこづかい事情<Tさんの家庭>についてはこちら

1か月間に使った金額をきちんと把握させるおこづかい教育<Tさん家庭>

2019年3月18日

【あわせて読みたい】今話題のPayPayについてはこちら

PayPayで1000円当たった話

2019年2月13日

【あわせて読みたい】ニトリの家具を安く買う方法についてこちら

【あわせて読みたい】子どもに話したい経営についての話はこちら

マクドナルドが売上をここまで伸ばしてきた7つの秘密とは<大公開>

2019年3月5日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です