子どもの自らの学びから、さらに深めたいー。

100円玉を握りしめて、向かった先は駄菓子屋。
クリーニング店を営みつつ、店の空いたスペースで菓子が無数に並んでいました。
100円でも、いろんな菓子から選ぶことができました。

毎日100円で好きなお菓子を買いました。学校の帰り道は、いつも駄菓子屋のことばかり考えていました。

ある日のこと。
どの菓子を買おうかな・・。駄菓子、駄菓子。
どれを買うかの楽しい悩み。近所の子どもたちもたくさん集まっていました。
我こそ先にと、店のおばちゃんの前に並ぶ子どもたち。
その時、私は様子をうかがっていました。

そこで、ふとあることに気付いたのです。
「今日は、100円分しか買えないけど、明日まで待てば、200円分になるぞ」
人生初めての貯金でした。
公園では、友達がおいしそうに菓子を食べていましたが、自分には全く羨ましくありませんでした。

上級生が、「今日は菓子ないの?欲しいなら、やるよ」と言ってくれましたが、断りました。
変な奴と思われたかもしれませんが、自分にとっては、今日の菓子より明日の菓子が楽しみでなりませんでした。

結局、次の日は、ココアシガレットとグミ、10円ガム、ヨーグルトのようなもの、チョコなど、たくさん買いました。
誰にも見られたくない秘密の贅沢な菓子のような気がして、公園のお気に入りの木に登りました。
いつもの枝の上に腰掛けると、贅沢を存分に味える、そう思いました。

しかし、いざ食べ始めてみると、思ったほどの嬉しさはありませんでした。
食べているうちに、「こんなに食べても、もったいない。もっと別のことに、お金を使おう。」と思い始めたのです。そこから私のお金に対する価値観は、お金は使うものから貯めるものへと変わりました。

毎日通っていた駄菓子屋も、週に1度ほどになりました。
あとは貯金。母親から、タンスの引き出しの一角を、自分専用にもらったので、いつもそこにお金を入れていました。
学校から帰って、お腹が空いたときは、冷蔵庫に入っていたご飯を自分でレンジで温めたり、みかんやりんごをかじったりして食べていました。

そんな日々を送っていたので、小学3年生には料理に興味をもち、日曜は自分から料理がしたいと言うようになりました。
また、駄菓子屋では、いろんなことを経験しました。

まず、人が菓子を嬉しそうに買っていても、流されないこと。
本当に自分に必要なものか、店先で考えるようになりました。

次に、お店には消費税がつくこと。
小学校の低学年では、まだ消費税が3%で、駄菓子屋の値札は消費税込みの値段だったのですが、中学年から5%になると、値札+不足の消費税を取られるようになりました。

これは、あまりにもショックで、社会の仕組みは急に大きく変わることがあるんだなと学びました。

そして、お金をここぞと使うときには使う。
当時、ミニ四駆が大流行していたので、周りの友達みんなが自分のミニ四駆マシンを持っていました。
タイヤをスポンジタイヤに変えたり、モーターのギアを高速ギアにしたり、ボディを肉抜きしたりと、マシンの改造がブームでした。

10歳の私もミニ四駆に大はまりし、毎日マシンを走らせていました。
ある時、6年生の男の子に、マシンの自慢をされたので、自分は言い返してしまい、けんかになりました。
決着は、レースをして、どっちが速いか決めることになりました。

レースまでは1か月あったので、私は、今まで貯めていた2万円でパーツを買い漁り、マシンを改造しまくりました。
結果は、僅差で勝利。ミニ四駆以外で、6年生に勝てることなんて滅多にないので、最高に嬉しかったです。

他にも、6年生のときに、コロコロコミックで中村俊輔選手のサインが1名様に当たる応募があることを知り、郵便局で、はがきを250枚買いました。もちろん、宛名、住所など全て手書きではがきに記入し、投函しました。

結果は、残念ながら当選とはなりませんでしたが、Tシャツが1枚と残念賞のシューズ入れ袋が大量に送られてきました。
処分に困ったので、友達にあげると、友達がものすごく喜んでくれて、一時的にすごい人気者になりました。

他にも、Jリーグ選手のカードが入ったポテトチップスを一度に100袋買って、カードを抜き取ったポテトチップスを友達に配りました。その後もこつこつと買ったのですが、今でも、その時のカードは1枚1枚フィルムに入れられ、大切に保管してあります。

レアカードが何枚もあるので、子ども心に、このカードたちを寝かしておけば、将来、買ったときの値段よりも高く売れると考えていました。

私は、小学生の間に、貯金とお金を豪快に使うことを繰り返してきました。
小学生で100万円を貯めることはできませんでしたが、お金の見方を変える経験や人間性を学ぶことができました。

始めにも、書いた通り<私自身は、小学生で100万円を貯めることはできませんでした。>

しかし、小さい時から自分のお金として管理してきたので、基本的にはいつもお金を大切にしていました。

だからこそ、今もお金にはシビアです。買う前には、本当に必要なものか、もっと同じ値段で優れたものはないか調べる習慣があります。

大人になってからは、さらにお金の大切さを意識し、使うところと貯めるところを意識して、同僚との飲み会や趣味のフットサルを続けながら、年間200万円以上貯めることができています。

子どもにお金の教育は当然必要です。
知識としてだけでなく、何より経験が重要なのです。

「これは買ってはダメ」、「あれなら買っても良い」。親が子どもに言うだけになっていては、子どもに考える力が身につきません。

今の社会は、物があふれています。
これからの社会は、自分で自分をコントロールし、本当に自分が必要なものかを考える力がないと、無駄遣いや高値で買わされることになってしまいます。

おじいちゃん、おばあちゃん世代の働き盛りは、ほとんど物がなく、とにかくお金を作り、物を買えばそれだけで裕福になっていく時代でした。

しかし、今は違います。
今まで必要とされなかった教育が、これからは必要になってきます。
子どもが正しくお金を使う。これは、思っている以上に難しいことなのです。

私の考える金融教育は、小学生で100万円を貯めることが目標ではありません。 今あるお金への見方を少し変えるだけで、世界がガラッと変わります。

親が手塩にかけた育てた子が、大学生や社会人になって、ギャンブルや浪費で借金を作ってしまったら、親にも子にも不幸なことです。

だからこそ、今、お金の教育「金融教育」が必要です。始めは、100円からでもいい。
始めませんか。金融教育。

》》次の記事:始めよう、金融教育<子どものお金への考え方>

《《前の記事:全ての始まりは、100円からだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です