全ての始まりは、100円からだった。

学童に入って、約3か月ー

小一の私の学童保育への不満はピークに達していました。

夏休みがあった8月は、それは幸せな日々でした。

育休明けの母親は、夏休みに休みを多く取ってもらえたようで、ほとんど家で過ごしていました。

そのため、私も、夏休み中は学童に行くこともなく、公園に大量に発生するセミを捕まえたり、汗びっしょりになるほど、友達と走り回って遊んでいました。ディズニーが好きな可愛らしい女の子の家を、友達と尋ねてみたこと。突然の夕立に遭い、友達とすべり台の下で雨宿りしたこと。素敵な思い出ができました。

しかし、9月。あの窮屈で退屈な学童がまた始まったのです。人見知りもあったため、未だに友達はできません。おやつタイムすらも、楽しくありませんでした。

もう限界まで達していた、ある朝。

私は学校に行きたくないと母親にごねました。

理由を聞いてきた母親に、

学童は、何も楽しいことがない、外でいっぱい遊びたい。その思いを、私は、母親に泣きすがりながら、伝えました。

母親は、私を信じてくれて、「じゃあ、今日はお家に帰ってきなさい。鍵は玄関のポストに隠しておくから、自分で入りなさい。」と、答えてくれました。

私は、心底嬉しかった。生まれて初めて、自由を手にした気分でした。

それからは、学童に行くのも、週3回、週2回と減っていき、とうとう学童での友達は誰一人できないまま、学童をやめることになりました。

でも、それ以上に、私は近所の子と遊べて、幸せでした。私は鍵っ子となり、いつもランドセルに鍵を付けていました。学校が終わると、誰もいない家に帰るなり、玄関に荷物を投げすて、大好きな公園に遊びに行きました。

公園の流行りの遊びも変わっていて、木登りやサッカーから、キックベースや野球が人気の遊びとなっていました。

その時は、週末に慌てて、グローブを母親に頼み、おもちゃみたいなグローブを持って、夢中になってボールを追いかけました。

しかし、一つ問題がありました。

公園で夢中になって遊んでいても、お腹が空くのです。

友達は、みんな家に帰ってから、用意してあるおやつを食べてくるのですが、私は何も食べるものがありません。

もともと、放任主義だった母親は、おやつの用意をしなかったので、私は、日が暮れるころまで、何も食べれませんでした。

あまりにもお腹が空くので、私は母親におやつの用意をお願いしました。

次の日から、クッキーやあられが用意されるようになったのですが、母親は、大雑把なところもあり、何も用意されていない日がよくありました。

そんな日は、空腹に耐えながら遊んで、母親の帰りを待ちました。季節は、秋が深まる頃で、夕暮れが早く、空腹と暗さと寂しさが本当に辛かったです。

そして、とうとう母親とけんかになりました。私は、おやつが用意されていないことを、母親に訴えました。しかし、母親も忙しかったので、毎日のおやつに構ってられなかったようでした。

そして、ついに母親が啖呵を切り、「これから、おやつの代わりに100円置いておくから、それを持って、おやつを買ってきなさい。」

次の日。

私は、家に帰るなり、目を輝かせながら、100円玉を持って、あるところに行きました。

》》次の記事:子どもの自らの学びから、さらに深めたいー。

《《前の記事:すべてがいやいやになった、幼少期の私

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です