すべてがいやいやになった、幼少期の私

私は小学校1年生から、毎日、おこづかいをもらっていました。

決して、裕福な家庭であったわけではありません。しかし、おこづかいとして、小学生の間、毎日100円ずつもらっていました。


<私自身は、小学生で100万円を貯めることはできませんでした>

当時、私は小学1年生。

入学式前日、明日はまるでお祭りがあるかのように、わくわくしたことを覚えています。

母親の仕事の関係で、私は小学校から少し遠い保育園に通っていたので、行先の小学校には、友達は1人もいませんでした。でも、とにかく楽しみでした。

これが後に、私を悩ませる種になるとは思いもしませんでした。

入学式は、どきどきわくわく楽しみの気持ちいっぱいで、初対面の同級生に話しかけたり、気になる女の子はいないか、気にしてみたりとしていたのを覚えています。(恥ずかしがり屋だったので、女の子には声をかけられませんでした)

幸いにも、外で遊ぶことは好きな性格だったので、学校が終わると、近所の公園に行き、自分と同じ新1年生を見かけると、一緒に楽しく遊びました。

おにごっこをしたり、虫探ししたりと、新鮮なことばかりでした。マンション団地だったため、いつも誰かは公園に子どもがいました。面倒見の良い上級生にも恵まれ、おもしろいことや知らない遊びをたくさん教えてもらえました。

例えば、公園には、子どもが登れる丁度の良い木がいくつも育っていたので、上級生から、自分のお気に入りの木を見つけることを教えてもらいました。

そこで、木登りして、お菓子を食べたり、お気に入りの物を枝や葉っぱにかけたり、友達とおしゃべりしたりと、今までしたことのない遊びがありました。

今の時代では、あぶないと言われるかもしれませんが、当時は、木から落ちてもドジだなぁで済んだ話でした。

木登り以外にも、サッカーをしたり、すべり台でおにごっこをしたり、その公園の流行りの遊びがあり、毎日公園に行くことが最大の楽しみとなっていました。私は、近所の子を中心に、友達の輪ができつつあったのです。

しかし、そんな楽しい毎日は続きませんでした。入学してから、1か月半ほど経つと、私は、毎日、下校後に帰宅せず、学校から学童保育に通うことになりました。

私には弟がいるのですが、母親の育休がちょうどその頃に終わり、母親が職場復帰することとなりました。父、母、自分、弟の4人家族で、下校後の私の面倒を見る人が誰もいないため、学童に入ることは、予め決まっていたようでした。

「明日から学童に行くんだよ。楽しめると思うよ」母親のその一言から、地獄の日々の始まりでした。

入学してから1か月半後に、学童保育に入った私。同級生であるはずの新1年生も、その頃には、学童の雰囲気になんとなく慣れ、完全に私一人が新参者でした。

何をしていいのかも分からず、聞きたくもない本の読み聞かせを聞き、外に遊びに行って良い時間になったら、おにごっこしかできない。

何より、その時の私の友達は近所の子だけだったので、学童には全く友達がいません。年上の女の子たちが面倒をみるように、一緒に遊んでくれたのですが、ごっこ遊びは、自分にとってはとても退屈でした。

女の子たちがすぐに声をかけてくるので、逆に、学童の気の合いそうな活発な男の子と遊ぶ機会を失い、余計に一緒に遊べる友達ができませんでした。

公園で楽しんだ木登りも、上級生が教えてくれる知らない遊びもない。女の子ばかりじゃなくて、ちょっと悪さも教えてくれる男の子と遊びたい。

そんな自分の気持ちを察したのか、一緒に遊んでくれた女の子も、私に声をかけなくなり、自然と離れていきました。

とうとう私は孤立しました。学童では、何をしていても、退屈。やりたいことをやれない。自由がない。そんな憂鬱な日々を過ごしていました。

そんな日々を過ごしていると、待ちに待った夏休みが来ました。


≫≫次の記事:全ての始まりは、100円からだった。

≪≪前の記事:桜木きよ先生 プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です