桜木きよ先生 プロフィール

ありがとうございます。

このサイトを観覧していただける方がいることに、大変感謝します。

はじめてお目にかかります。自己紹介します。

名前 桜木きよ

住所 愛知県

専門科目 算数・数学

趣味 フットサル・車(フットライトをDIYで付けるなど、いじりも少々)・競馬

好きなブランド  adidas puma BoaVista (どれもサッカー・フットサルブランドです)

応援してるもの サッカー日本代表 Honda 全国の小学生 ぐでたま

生い立ち

1988年6月、愛知県に生まれる。幼い頃からサッカーや野球を楽しみ、活発な子であった。小学校から高校までは、サッカー部に所属。熾烈なレギュラー争いを経験しながらも、楽しくサッカーを続けた。

社会人となってからも、フットサルチームに所属。全国大会を目指したが、いつも夢一歩手前で敗戦。未だに全国大会出場は叶わず。現在は、チームを移り、地元のチームに所属しながら、フットサルを続ける。

また、母親が教員であった事もあり、中学生の頃から教師に憧れをもつ。夢を叶えるべく、大学は教育学部へと進学。ボランティアサークルに入り、子どもとのふれあい活動に参加。

大学時代は、ラーメン屋と焼き肉屋でアルバイト。当時のバイト代のほとんどを、バイト仲間とのボーリングやカラオケなどの遊びに使い果たした。

大学在学中に、教員採用試験の合格には至らなかったが、卒業後は、常勤講師として、中学校副担1年、小学校担任7年を経験。講師として在職中に、採用試験に合格。正規採用として、現在も担任に就く。

教員として、算数の授業研究、授業におけるICT活用、プログラミング教育に力を注ぐ。講師として、様々な学校を転々としたため、先輩先生の多くの授業スタイルを学んだ。自らも、率先して研究授業に取り組み、自己研修に努めてきた。しかし、「楽しい、分かる」の授業づくりの難しさ、奥深さを感じた。

これまでの校務分掌は、学年主任、生徒指導、算数主任、理科主任、情報教育主任、児童会主顧問、野外教室主担当、サッカー部顧問、保健安全担当など。

現在も、担任として、毎日、子どもたちと接している。しかし、授業だけでなく、子どもたちの顔を見て、人間関係で悩んでいる子や学校生活への不満をもつ子を気にかけ、多くの課題と向き合っている。

目の前の子どもたちに、どんな力を身につけてもらいたいか、これからの社会でどんな能力が必要となるかを、日々考えているなか、ある一冊の本「40歳の教科書」(講談社)に出会う。

日本の戦後、物がなくて生産性を追求した時代から、現代は、物があふれ、自己管理や自己投資の時代に移っていることを知り、「金融教育」の必要性を大いに感じた。現在、金融教育の研究を進め、このブログ開設に至る。

≫≫次の記事:すべてがいやいやになった、幼少期の私



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です