<小学校>入学で準備しておくべき用具(18選)

小学校入学。ドキドキしますね。

必要な用具はなんでしょう?備えあれば憂いなし。

準備できるものは、早めに準備しておきたいものです。

入学準備に必要なものは以下の通りです。

教員としての経験を踏まえながら、紹介します。

・ランドセル

⇒男の子は黒が圧倒的に多いです。女の子は、赤、ピンク、ブラウン、水色など好みに分かれます。最近は、赤、ブラウンがやや多め。

・手さげ袋

⇒道具箱が入るくらいの大きさのもの。

・体操服上下

⇒学校・地域指定になっていることが多いです。

・赤白帽子

⇒(つばあり・なし)や(日よけ付き)など、様々な種類があります。就学先の学校のものを、事前に確認しておくと良いでしょう。愛知の場合は、つばあり、日よけなしが多いです。

・体操服を入れる袋

⇒子どもがすぐに覚えられるように、覚えやすい柄やキャラクターがついていると良いです。

・ぞうきん2枚程度

⇒無地の白がおすすめです。あまり派手だと目立ってしまい、掃除の時間に、子どもが恥ずかしがる場合があります。

・箸(はし)

⇒日頃から慣れている大きさ、太さが良いです。

・箸箱(はしばこ)

⇒こわれにくいもの。箸箱のタイプで、ふたが一度外れると、子どもでは自力で直すことが難しいものは避けた方が無難です。

・コップ

⇒割れにくいもの。給食中や登下校中など、何度も、ぶつけたり、落としたりします。

・ナフキン

⇒覚えやすい柄やキャラクターがついていると良いです。

・歯ブラシ

⇒学校によっては歯磨きタイムがあります。いらない場合もあります。

・給食の用具を入れる袋(給食袋)

⇒布巾(ふきん)、コップなどを入れる袋です。帰る時の忘れ物の定番です。覚えやすい柄やキャラクターがついていると良いです。

・マスク

⇒給食で必要です。給食当番でなくても、席に座っている子も、マスクを身に着けるようにする学級もあります。マスクの色は、無地で白が多数。キャラクターものは目立ちすぎてしまうことがあります。白にワンポイント程度の柄ならOK。

 ・上履き(室内シューズ)

⇒学校指定であることが多いです。確認しましょう。

・上履き袋

⇒覚えやすい柄やキャラクターがついていると良いです。

・下敷き

⇒ノートの下に敷く下敷きです。子どもは、よく曲げてしまったり、折ってしまったりするので、こわれにくいものが良いです。

・筆箱

⇒様々な種類があります。機能が多いものだと、子どもが使いこなせず、授業中の手遊びの原因になってしまうことがあります。

・水筒

⇒子どもはよく落とします。買った次の日に、ガシャンと勢いよく落とすこともしばしばあります。壊れにくいものが良いでしょう。夏と冬では、水筒の大きさを変える必要があります。

小学校生活では、子どもは、忘れ物をしたり、他人のものと自分のものを間違えたりすることがよくあります。すべての用具に名前を書きましょう。子ども同士の持ち物トラブルを回避することにもつながります。

基本的には、全て新品にする必要はありません。学校から指定されたもの以外は、家にあるものを代用できる場合があります。

各学校には、学校ホームページがあります。学校名で検索してみてください。学校の様子が写真で公開されていることが多いです。

備えられるものは、早めに準備をしておくことをおすすめします。

*学校や地域によって、違いがあります。就学時健診などで、配布されている資料をよくご確認ください。不安なことがあれば、就学先の学校にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です